化粧板市場、2027年までに543億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の化粧板市場は、2021年に417億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.39%のCAGRで成長し、2027年までに543億米ドル規模に達すると予測されています。

化粧板とは、家具の表面材や床材、壁材として使用される特別に設計されたラミネートシートを指します。一般的に、このラミネートは、茶色のクラフト紙に熱と圧力を使って装飾的な印刷パターンを施すことで製造されています。化粧板は、耐久性、費用対効果、長期保存性、美的価値の向上の点で、ベニヤ、塗料、コーティングよりも好まれます。このため、キャビネット、壁、家具、床材などの装飾や保護に主に使用されています。

市場の動向

消費者の生活水準の向上とともに、家の装飾に対する一人当たりの支出が増加しており、これが市場の成長を促進する重要な要因となっています。これに伴い、家庭のインテリアや企業のオフィス空間において、美的感覚に訴求するデザインを重視する傾向が強まっており、これも製品需要の拡大要因となっています。最近では、組み立て式フローリング、家具、キャビネットの需要が大幅に増加しており、これに伴い、化粧板の需要も世界中で高まっています。さらに、デザイン、色、テクスチャーなどの幅広い可用性のために、ホテル、病院、ショッピングモール、空港、教育機関、および他の商業インフラストラクチャにおいて、化粧板の需要が高まっています。また、体育館やコンベンションセンター、屋内スポーツクラブ、講堂などでの内装用品の利用が急増しており、市場の成長をさらに後押ししています。さらに、先進地域の住宅や商業施設では、改装やリモデリングが行われており、これが化粧板の需要をさらに押し上げています。一方、新興国では急速な都市化とインフラ整備の進展により、近代的な住宅プロジェクトの建設が進み、化粧板のようなハイエンドでプレミアムな製品の利用が増加しています。以上の要因が、今後数年間にわたり、世界の化粧板市場の成長を促進すると予測されています。

主要な市場区分

化粧板の世界市場は、製品タイプ、用途、最終用途、テクスチャー、価格、業種に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・高圧ラミネート

・低圧ラミネート

用途別の市場区分

・家具、キャビネット

・フローリング

・ウォールパネル

・その他

最終用途別の市場区分

・非住宅

・住宅

・交通機関

テクスチャー別の市場区分

・マット/スエード

・光沢

価格別の市場区分

・一般向け

・プレミアム

業種別の市場区分

・組織

・非組織

市場の競合状況

化粧板の世界市場における主要な企業としては、Abet Laminati S.p.A、Archidply、Century Laminates、Fletcher Building、FunderMax Gmbh、Greenlam Industries Limited、Merino Laminates Ltd、Omnova Solutions Inc.、Panolam Industries International, Inc.、Styram Pvt. Ltd、Wilsonart LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]