グルテンフリーオーツ麦市場、2027年までに5億5,180万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のグルテンフリーオーツ麦市場は、2021年に2億5,430万米ドルの規模に到達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13.1%のCAGRで成長し、2027年までに5億5,180万米ドル規模に達すると予測されています。

オーツ麦は優れた食物繊維源と考えられており、ホールオーツ、オーツグローツ、スチールカットオーツ、ロールドオーツ、インスタントオーツ、オーツ粉、オーツブランなど、様々な形で消費されています。オーツ麦は本来グルテンフリーであり、セリアック病やグルテン不耐性を持つ人に適しています。しかし、小麦や大麦、ライ麦などのグルテンを含む作物の近くで栽培されているため、グルテンに汚染されている可能性があります。また、グルテンを含む作物を加工している施設で加工する際にも汚染される可能性があります。

市場の動向

市場は主に、セリアック病や生活習慣病の蔓延が原因となっています。セリアック病を患う人々にとって、厳格なグルテンフリー食は唯一の食生活の選択肢です。特に北米や欧州の先進国では、セリアック病の有病率が高まっており、市場の需要は大きな伸びを示しています。また、先進国、発展途上国を問わず、健康的なライフスタイルの一環として、グルテンフリーの食生活に移行する人が増えています。グルテンフリーのオーツ麦には必須ビタミン、食物繊維、ミネラル、抗酸化植物化合物が豊富に含まれているため、朝食用シリアル、ベーカリー、スナックに配合され、世界市場の成長に大きく貢献しています。さらに、グルテンフリーオーツ麦は発熱量やグリセミック指数が低いため、減量を望む人に好まれています。需要の高まりに対応するため、市場関係者は新たなバリエーションを導入し、多様な製品群を生み出すことにも注力しています。

主要な市場区分

世界のグルテンフリーオーツ麦市場は、製品タイプ、用途、最終用途、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ロールドオーツ

・スチールカットオーツ

・オートブラン

・オートフラワー

・その他

用途別の市場区分

・ブレックファストシリアル

・ベーカリー

・スナック

・その他

最終用途別の市場区分

・ホレカ

・小売

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・オンライン

・その他

市場の競合状況

世界のグルテンフリーオーツ麦市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・Quaker Oats Company

・Bob’s Red Mill Natural Foods

・Kinnusen Mylly Oy

・Glebe Farm Food Limited

・Avena Foods

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]