セファロスポリン市場、2027年までに216億9千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のセファロスポリン市場は、2021年に180億4千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.97%のCAGRで成長し、2027年までに216億9千万米ドル規模に達すると予測されています。

セファロスポリンは、ペニシリンに似た働きをするβ-ラクタム系抗生物質です。これらの広域スペクトルの薬は、肺炎、腎臓感染症、骨感染症、髄膜炎や様々な性感染症(STDs)など、多数の細菌感染症の治療に役立ちます。現在、市場では5世代のセファロスポリン薬が販売されており、その抗菌スペクトルに若干の違いがあります。これらの医薬品はまた、その投与、排泄、吸収およびセファロスポリンの身体への効果の持続時間に基づいて区別されています。セファロスポリン薬の投与方法には、経口と静脈内(IV)の2種類があります。経口投与は、一般的に溶連菌のような治療が容易な軽度の感染症を治すために使用されます。一方、髄膜炎など重症の感染症には、経口投与よりも早く薬が組織に到達する点で、静脈内投与が行われます。

市場の動向

現在、世界中で感染症が蔓延している主な原因は、水質汚染や大気汚染の急激な拡大です。このため、セファロスポリン系薬剤の需要が世界的に高まっています。また、世界中のさまざまな組織が、抗生物質治療の開発と提供を改善するための取り組みを行っています。その一つが、Drugs for Neglected Disease initiative(DNDi)と世界保健機関(WHO)が設立した非営利の研究開発組織であるGlobal Antibiotic Research and Development Partnership(GARDP)です。GARDPは、新しい抗菌診断薬や薬剤の研究開発を促進するための官民パートナーシップの促進に重点を置いています。これらのパートナーシップの形成は、セファロスポリン市場の成長に重要な役割を果たすと期待されています。

主要な市場区分

世界のセファロスポリン市場は、世代、投与経路、用途に基づいて分類されています。

世代別の市場区分

・第1世代

・第2世代

・第3世代

・第4世代

・第5世代

投与経路別の市場区分

・注射

・経口

用途別の市場区分

・呼吸器系

・皮膚感染症

・耳鼻咽喉科

・尿路感染症

・性感染症

・その他

市場の競合状況

世界のセファロスポリン市場における主要な企業としては、Allergan Plc、Bristol-Myers Squibb Company、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、GlaxoSmithKline plc、Lupin Limited、Merck & Co. Inc.、Novartis International AG(Sandoz)、Pfizer Inc.、Sanofi、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Abbott、Sun Pharmaceutical Industries Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]