クリームクリーナー市場、2027年までに4億8,900万米ドル規模到達見込み

市場の概要

クリームクリーナーの世界市場は、2021年に32億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.80%のCAGRで成長し、2027年までに4億8,900万米ドル規模に達すると予測されています。

クリームクリーナーとは、陰イオンおよび非イオン性界面活性剤、高分子リン酸塩、封鎖剤などの混合物を含む消毒液の一種です。対象物の表面に付着した汚れ、ほこり、ニスなどを除去するのに役立ちます。クリームクリーナーは、キッチンカウンターやドアハンドル、堅木の床、照明スイッチ、シンク、浴槽、タイルなどの浴室表面など、硬くて無孔の幅広い表面に作用します。汚れ、油汚れ、シミを効果的に分解して、頑固な汚れを落とす手助けをします。クリームクリーナーは、エアゾール缶、トリガー式スプレー、ポンプ式ボトルなどのパッケージで一般に販売されています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)の蔓延により、住宅や商業施設における個人の衛生・清潔に対する消費者の意識が高まっていることが、主にクリームクリーナーの需要を牽引しています。また、消費者の生活水準の向上と、クリームクリーナーなどの高級ホームケア製品への志向の高まりも、世界市場の推進力となっています。これに伴い、鏡面、ステンレス、ガラス、ガラス化タイル、木材などの専用クリーナーの使用が増加していることも、市場の成長をさらに押し上げています。さらに、衛生的な環境を維持するための食品と飲料、ヘルスケア、ホスピタリティなど、様々な業界におけるクリームクリーナーの広範な用途は、世界レベルでの製品需要の拡大につながっています。これとは別に、多くの主要企業が、環境に優しく持続可能な家庭用製品を製造するために、アルカリ、酸、界面活性剤から天然および有機成分へとシフトしています。さらに、これらのメーカーは、あらゆる階層の所得層に対応するため、幅広い価格帯の革新的な製品の導入に注力しており、市場の成長を後押ししています。その他、クリーンラベル、残留物なし、費用対効果の高い製品の出現と、電子商取引チャネルでの幅広い製品の利用などの要因が、今後数年間、世界のクリームクリーナー市場を牽引し続けると見込まれています。

主要な市場区分

クリームクリーナーの世界市場は、エンドユーザーおよび流通チャネルに基づいて分類されています。

エンドユーザー別の市場区分

・業務用

・住宅用

・産業用

・機関投資家

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット/ ハイパーマーケット

・百貨店

・電子商取引

・その他

市場の競合状況

クリームクリーナーの世界市場における主要な企業としては、Astonish、Avmor Ltd、Cleaning and Hygiene Distributors Ltd、Colgate-Palmolive Company Limited、Gold Drop Sp. Z o. o., 3M, Maxima Trading Limited, Reckitt Benckiser Group PLC, S.C. Johnson & Son Inc., The Procter & Gamble Company, Unilever PLC,  Werner & Mertz GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]