カテーテル血栓溶解療法市場、2027年までに4億6,700万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のカテーテル血栓溶解療法市場は、2021年に3億3,800万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.57%のCAGRで成長し、2027年までに4億6,700万米ドル規模に達すると予測されています。

血栓溶解療法は、組織や臓器の損傷を防ぐために、血管の血栓を治療し、血流を調整するために採用される低侵襲性の血管内治療法を指します。一般的には、血栓溶解剤を静脈内注射するか、カテーテル誘導型血栓溶解装置(CDT:Catheter-Directed Thrombolysis)を用いて、凝固阻止部位に直接薬剤を投与し、抗凝固作用を発揮させる方法です。カテーテル誘導型血栓溶解装置には、主にカテーテル、X線管、特定の薬剤、血栓を溶解するための医療機器などが含まれます。また、抗凝固プロセスを可視化するためのX線撮影台とモニターも含まれています。CDT装置は、外科的バルーン血栓除去術などの従来の外科的手法よりも安全であるため、入院期間を短縮し、患者の外傷や合併症の可能性を低くすることができます。

市場の動向

癌、肥満、冠状動脈性心臓疾患、腎臓疾患など、多数の慢性疾患の有病率の増加は、世界のカテーテル血栓溶解療法市場を牽引する主な要因の一つとなっています。また、肺塞栓症や深部静脈血栓症の早期発見・治療に対する消費者の健康意識の高まりも、市場成長の推進力となっています。さらに、深刻な病状に陥りやすい老年人口の拡大が、CDTを含む低侵襲治療法の必要性をさらに高めています。このほか、多くの政府機関による医療分野への投資の増加や、個人の医療費支出の増加も、世界市場を後押ししています。加えて、血栓後症候群(PTS)のリスクを軽減し、高品質の患者ケアを提供するためのCDT装置の継続的な進歩が、市場の成長をさらに加速させています。複数の医療専門家は、別の市場成長要因として作用している従来の開腹手術よりも安全な代替案として、MI手術にシフトしています。今後数年間は、治療時間および関連医療費を削減するための薬力学的CDT(PCDT)技術の出現が、世界のカテーテル血栓溶解療法市場の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

カテーテル血栓溶解療法の世界市場は、送達方法、適応症、エンドユーザーに基づいて分類されています。

送達方法別の市場区分

・血栓への直接投与

・血栓部位への医療装置の配置

適応症別の市場区分

・肺塞栓症(PE)

・深部静脈血栓症(DVT)

・脳卒中

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・その他

市場の競合状況

カテーテル血栓溶解療法の世界市場における主要な企業としては、AngioDynamics, Inc.、Boston Scientific Corporation、Inari Medical, Inc.、iVascular, S.L.U, Medtronic Plc, Penumbra, Inc.、Straub Medical AG (Becton, Dickinson and Company), Teleflex Incorporated, Thrombolex Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]