企業情報アーカイブ市場、2027年までに149億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の企業情報アーカイブ市場は、2021年に65億1千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は14.10%のCAGRを示し、2027年までに149億1千万米ドル規模に達すると予測されています。

企業情報アーカイブ(EIA)は、電子メール、インスタントメッセージ(IM)、ショートメッセージサービス(SMS)など、ユーザーのメッセージングコンテンツを管理するための製品とソリューションを組み合わせたソフトウェアです。EIAは、さまざまな種類のコンテンツの保存管理、コンテンツのインデックス作成、E-Discoveryと分類、データの削減を支援します。そのため、世界中の企業で、ユーザーの生産性を向上させ、アーカイブされた電子メールやファイルへの即時アクセスによる洞察を提供するために活用されています。また、企業内ファイル同期・共有(EFSS)プラットフォームに保存されているファイル、音声、Webサイトのコンテンツなど、ビジネスソーシャルメディアデータの整理も支援します。

市場の動向

世界的なビジネスの急速な拡大により、データ量が急速に増加し、規制遵守が複雑化しています。これは、組織が情報を効果的に管理し、コンプライアンス目標を容易に達成できるよう支援するEIAソリューションの導入増加に貢献する主な要因の一つとなっています。これとは別に、データ漏洩の事例が増加していることから、中小企業ではデータの損失、破損、セキュリティ上の脅威からデータを保護するために、これらのソリューションに依存しています。また、オンライン・バンキング・サービスの利用が増加し、膨大な財務データが生成されるようになったため、銀行や金融機関は電子通信データの記録管理・保存にEIAを利用しています。さらに、m-healthアプリケーションは日々大量のデータを蓄積しており、IT専門家が従来のソフトウェアでそれを規制するのは困難な状況になっています。このことは、m-healthサービスの人気の高まりと相まって、インフラコストとストレージの肥大化に対処するために、ヘルスケア産業におけるEIAの活用に寄与しています。このほか、市場関係者は、データを効率的に管理するための自動化ツールを提供する多目的EIAソリューションを導入しており、これが市場のさらなる成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の企業情報アーカイブ市場は、タイプ、導入形態、企業規模、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

コンテンツ

・データベース

・電子メール

・ソーシャルメディア

・インスタントメッセージング

・ウェブ

・モバイル通信

・ファイル及びエンタープライズファイル同期・共有(EFSS)

サービス

・コンサルティング

・システムインテグレーション

・トレーニング、サポート、メンテナンス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・政府・防衛

・医療・製薬

・小売・Eコマース

・製造業

・その他

市場の競合状況

世界の企業情報アーカイブ市場における主要な企業としては、Atos SE、Barracuda Networks Inc.、Global Relay Communications Inc.、Google LLC、Hewlett Packard Enterprise Development LP、International Business Machines Corporation、Micro Focus International plc、Microsoft Corporation、Mimecast Services Limited、Proofpoint Inc.、Smarsh Inc.、Veritas Technologies LLC、ZL Technologies Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]