勤怠管理ソフトウェア市場、2027年までに41億6千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の勤怠管理ソフトウェア市場は、2021年に24億5千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.50%のCAGRで成長し、2027年までに41億6千万米ドル規模に達すると予測されています。

勤怠管理ソフトウェアは、従業員の勤務時間を追跡して最適化し、従業員の給与や休暇の記録を残すことで人事部門を支援するアプリケーションです。また、簿記の誤りを最小限に抑え、プロセスやイベントを表、グラフ、チャートに分解します。さらに、重要な税務情報を作成、維持、保管し、組織のキャッシュフローを最大化することができます。加えて、従業員がスケジュールを見たり、要望を出したり、会社の方針に変更があった場合に通知するための一元的な場所を提供します。さらに、透明性が高く、正確で、完全に監査されたデータを提供し、従業員のビジネスに対する信頼性を高めることから、勤怠管理ソフトウェアの導入は世界中で増加しています。

市場の動向

さまざまな業種の組織において、従業員の効率性と生産性を把握する必要性が高まっていることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、人的資源管理(HRM)システムにおける自動化ツールの利用が増加しています。これは、勤怠管理ソフトウェアの幅広い機能および特長と相まって、市場の成長を推進しています。さらに、ソフトウェアの技術開発により、企業は自動化されたワークフローを作成し、企業向けのカスタムポリシーを構築することができます。これは、自動的に機能するタイムシートの承認プロセスのデジタル化と相まって、市場の成長を促進しています。これに加えて、コロナウイルスの発生のために世界中の企業で在宅勤務(WFH)制度にシフトしていることは、勤怠管理ソフトウェアの導入増加につながっています。さらに、従業員がWebブラウザや携帯電話、タブレット端末で出退勤を記録できるクラウド型ソフトウェアの利用が増加していることも、市場の成長を後押ししています。その他、Wi-Fi対応のタイムレコーダー、カレンダーとの連携によるスケジュール管理機能の強化、勤怠管理ソフトのスケジュール管理の柔軟性向上なども、市場の成長を後押しする要因になると予測されています。

主要な市場区分

世界の勤怠管理ソフトウェア市場は、コンポーネント、導入形態、組織規模、エンドユーザーなどに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・IT・通信

・ヘルスケア

・小売・Eコマース

・製造業

・政府機関

・教育

・その他

市場の競合状況

世界の勤怠管理ソフトウェア市場における主要な企業としては、Automatic Data Processing Inc.、Ceridian HCM Inc.、International Business Machines Corporation、Kronos Incorporated、Oracle Corporation、Paycom Software Inc.、Paycor Inc.、Reflexis Systems Inc.(Zebra Technologies Corporation)、SAP SE、Workday Inc.、WorkForce Software LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]