歯科用3Dプリント市場、2027年までに49億2千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の歯科用3Dプリント市場は、2021年に21億5千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13.70%のCAGRで成長し、2027年までに49億2千万米ドル規模に達すると予測されています。

歯科用3Dプリントは、3次元(3D)プリント技術を使用して、3Dプリント歯列、アライナー、歯科インプラント、義歯、クラウン、ブリッジ、サージカルガイドなどの固体歯科モデルを設計するプロセスを指します。歯科技工所やクリニックで広く利用されており、患者の歯列の精密な3Dモデルを得ることで、歯科医師や技工士がカスタマイズした装置を作成するのに役立っています。比類ない柔軟性、複雑なデザインの印刷、即日インプラントが可能で、正確な結果を得ることができます。さらに、特定の歯科処置やプロセスに適合した手術用具の製造にも広く活用されています。近年、歯科用3Dプリントは、時間を節約し、コストを削減し、より迅速で効果的な歯科サービスを保証するため、歯科分野で人気を博しています。

市場の動向

歯科用3Dプリントにより、歯科医師や歯科矯正医は、より高い精度で、患者への不快感を最小限に抑えながら、様々な処置を行うことができます。近年、タバコやアルコール摂取などの不健康な生活習慣による虫歯、無歯症、口腔癌などの歯科疾患の症例が増加しており、市場成長の主な要因となっています。また、審美歯科に対する需要の増加と、口腔衛生に関する個人の意識の高まりが、市場の成長を推進しています。このほか、生体適合性、優れた表面仕上げ、高い耐薬品性を理由にPolyJet技術の採用が増加していることが、歯科用3Dプリント技術の需要を増大させています。さらに、大手メーカーは、革新的な製品を発売するために研究開発(R&D)活動に取り組んでいます。その他、高齢者人口の増加、急速な都市化、医療費支出の増加、有利な政府政策、技術の進歩、医療インフラの改善などの要因が、市場の見通しを明るくすると期待されています。

主要な市場区分

世界の歯科用3Dプリント市場は、材料、技術、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

材料別の市場区分

・金属

・フォトポリマー

・セラミック

・その他

技術別の市場区分

・バット光重合

・ポリジェット技術

・溶融堆積モデリング

・選択的レーザー焼結

・その他

アプリケーション別の市場区分

・歯科補綴

・歯科矯正

・インプラント

エンドユーザー別の市場区分

・歯科技工所

・歯科病院・歯科医院

・歯科学術・研究機関

市場の競合状況

世界の歯科用3Dプリント市場における主要な企業としては、3D Systems Inc., Carbon Inc., EnvisionTEC (Desktop Metal Inc.), EOS GmbH, FormLabs Inc., Institut Straumann AG, Prodways Group, Rapid Shape GmbH, Renishaw plc, Roland DG Corporation, SLM Solutions Group AG, Stratasys Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]