組織工学市場、2027年までに299億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の組織工学市場は、2021年に138億4千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13.10%のCAGRで成長し、2027年までに299億1千万米ドル規模に達すると予測されています。

組織工学は、細胞、足場、生物学的に活性な分子を組み合わせて機能的な組織を作る生物医学工学の一分野です。生命科学と工学の原理を応用し、さまざまな種類の組織や臓器を修復、改善、維持、交換するための生体代替物を開発します。組織工学は、損傷した組織を修復するために使用される移植、外科的再建処置、およびその他の機械的装置に代わる効率的な方法を提供します。そのため、組織工学は、火傷治療、神経学、創傷治療、整形外科、筋骨格、心臓血管、泌尿器科製品など、数多くの医療用途で急速に普及しつつあります。現在、研究者は、比較的安価で入手しやすい皮膚代替製品の需要の高まりに対応するため、皮膚代替用の生体材料の開発に注力しています。

市場の動向

組織工学的手術は、組織の不可逆的な損傷を治療するのに有効であることが証明されています。そのため、再生医療や組織工学の需要が大幅に増加しており、これが市場成長の主な要因となっています。これに加えて、交通事故や外傷の発生率が上昇していることや、患者の間で骨インプラントのニーズが高まっていることが、製品需要を増大させています。また、座りっぱなしの生活習慣や高齢化、不健康な食生活が原因で、糖尿病やがん、肥満、心血管障害などの慢性疾患が広く蔓延していることも、市場の成長を促しています。さらに、臓器オンチップ技術、胚細胞と幹細胞の置換、体外インプラントを効率的に設計するための3Dバイオプリンタの使用など、3次元(3D)組織工学の分野における技術的進歩が、市場に有利な機会を提供しています。加えて、製品イノベーション、研究開発(R&D)活動への政府資金と民間投資の増加が、市場成長を促進しています。その他、置換術や再建術件数の増加、消費者の医療支出の増加、形成外科手術の需要急増なども、市場の見通しを明るくしています。

主要な市場区分

世界の組織工学市場は、タイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・合成足場材

・生物由来足場材料

・その他

アプリケーション別の市場区分

・整形外科・筋骨格系

・神経

・循環器

・皮膚・無機質

・歯科

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・外来施設

市場の競合状況

世界の組織工学市場における主要な企業としては、AbbVie Inc.、B. Braun Melsungen AG、Baxter International Inc.、Becton、Dickinson and Company、Integra LifeSciences Corporation、Organogenesis Holdings Inc.、RTI Surgical、Smith & Nephew plc、Stryker Corporation、Vericel Corporation、Zimmer Biometなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]