赤外線検出器市場、2027年までに7億3,740万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の赤外線検出器市場は、2021年に4億3,730万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.50%のCAGRで成長し、2027年までに7億3,740万米ドル規模に達すると予測されています。

赤外線(IR)検出器は、赤外線を検出して熱を測定したり、動きを検出したりするために使用される電子デバイスです。フォトダイオードやフォトトランジスタと、シリコンに含まれる水銀カドミウムテルル、硫化鉛、インジウムアンチモンからなるセンサーで構成されています。一般に、熱型、マイクロボロメータ型、インジウムガリウム砒素型、光(量子)検出器型などのバリエーションがあります。IR検出器は、火炎検出器、ガス分析器、ガス警報装置、医療用ガス測定技術、非接触精密温度測定などに広く使用されています。また、スマートホーム、バイオメディカルイメージング、分光学、人体検知、モーションセンサーなどにも利用されています。従来から使用されている検出器と比較して、赤外線検出器は遠方からの赤外線を検出することができ、サイズもコンパクトです。

市場の動向

モーションセンサーやピープルセンシングデバイスの需要が増加していることが、市場成長の主な要因の一つとなっています。赤外線検出器は、小売店や家庭、博物館、図書館などに設置され、防犯アラームや防犯カメラ、安全照明、ガレージドアなどに広く利用されています。また、軍事・防衛産業において、コンパクトなサイズと遠方からの光を検出する能力により、監視、目標検出、目標追跡のための製品利用が増加していることが、市場成長に好影響を与えています。さらに、携帯電話カメラ、拡張現実(AR)メガネ、霧や煙を見通すことができる無人運転車向けの斬新な赤外線センサーの発売など、さまざまな製品のイノベーションが市場成長の推進力となっています。これに伴い、ボイラー、モーター、電気周辺機器、ベアリングの機能を監視するために産業プラントで広く製品が採用されていることが、市場成長にプラスの影響を及ぼしています。その他、スマートホームでの製品展開の増加や、空港や鉄道駅でのIRディテクタの利用率上昇などの要因も、市場の成長に向けた原動力となると予想されています。

主要な市場区分

赤外線検出器の世界市場は、タイプ、スペクトル範囲、技術、アプリケーションに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・サーマルディテクター

・フォトディテクター

スペクトル範囲別の市場区分

・短波長赤外線

・中波長赤外線

・長波長赤外線

技術別の市場区分

・水銀カドミウムテルル

・インジウムガリウム砒素

・パイロエレクトリック

・サーモパイル

・マイクロボロメータ

・その他

アプリケーション別の市場区分

・航空宇宙・防衛

・自動車

・民生用電子機器

・産業

・医療

・セキュリティ

市場の競合状況

赤外線検出器の世界市場における主要な企業としては、Excelitas Technologies Corp., Hamamatsu Photonics K.K., InfraTec GmbH, Lynred, Murata Manufacturing Co. Ltd., Nippon Avionics Co. Ltd., Omron Corporation, Raytheon Technologies Corporation, TE Connectivity, Teledyne Technologies Incorporated, Texas Instruments Incorporatedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]