ビッグデータセキュリティ市場、2027年までに438億2千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のビッグデータセキュリティ市場は、2021年に164億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.70%のCAGRで成長し、2027年までに438億2千万米ドル規模に達すると予測されています。

ビッグデータセキュリティとは、データ分析プロセスを保護するために採用された様々な対策やツールのことを指します。これは、貴重なデータに損害を与える可能性のあるサイバー攻撃、盗難、その他の悪意のある行為から保護するものです。また、トランザクションやデータ保存ログのセキュリティ確保、システムの効率化、便利なリソース共有の実現、不正アクセスの防止を支援し、組織の安全性とパフォーマンスを向上させることができます。サイバー脅威は金銭的損失、風評被害、業務停止につながる可能性があるため、ビッグデータセキュリティは世界中の企業の間で注目されるようになりました。

市場の動向

現在、さまざまな企業がビジネス戦略やパフォーマンスを向上させるためにビッグデータ分析ツールを使用しており、その結果、サイバー攻撃のリスクが高まっています。プライバシーに関する懸念が高まる中、高度なセキュリティソリューションの導入が拡大しています。また、コロナウイルス(COVID-19)の発生と感染拡大により、在宅勤務(WFH)の導入が加速し、従業員にサイバーセーフティなリモートワーク環境を提供するためのビッグデータセキュリティに対する需要が高まっています。さらに、クラウドソリューションのような高度なデジタル技術を利用する傾向が強まっていることも、ビッグデータセキュリティソリューションの需要拡大につながっています。加えて、各国政府は、データ保護やプライバシーに関する厳しい規制を導入しています。これは、ビッグデータセキュリティソリューションにおける人工知能(AI)および機械学習(ML)技術の統合と相まって、市場の成長を促しています。その他、デジタル化傾向の高まり、BYOD(Bring-Your-Own-Device)ポリシーの導入拡大、インターネットの急速な普及、セキュリティソリューションへの投資の増加などの要因も、市場の成長をさらに加速しています。

主要な市場区分

世界のビッグデータセキュリティ市場は、コンポーネント、導入形態、組織規模、技術、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

ソリューション

・データの発見と分類

・データの認証とアクセス

・データ暗号化、トークン化、マスキング

・データの監査と監視

・データガバナンスとコンプライアンス

・データセキュリティアナリティクス

・データのバックアップとリカバリー

サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

技術別の市場区分

・アイデンティティ/アクセス管理

・セキュリティ情報・イベント管理

・侵入検知システム

・統合脅威管理

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・IT・通信

・ヘルスケア・製薬

・金融・保険

・小売業

・公共事業

・その他

市場の競合状況

世界のビッグデータセキュリティ市場における主要な企業としては、Amazon Web Services Inc. (Amazon.com Inc.), Check Point Software Technologies Ltd., Cloudera Inc., Fortinet Inc., Google LLC, Hewlett Packard Enterprise Development LP, International Business Machines Corporation, McAfee LLC, Micro Focus International plc, Microsoft Corporation, Oracle Corporation, Thales Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]