OTC人工涙液市場、2027年までに64億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のOTC人工涙液市場は、2021年に46億2千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.20%のCAGRで成長し、2027年までに64億1千万米ドル規模に達すると予測されています。

OTC人工涙液は、目の潤滑や痛み、不快感、灼熱感、充血、羞明、目の炎症などの緩和を目的として使用される目薬です。デキストラン、グリセリン、プロピレングリコール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)、カルボキシメチルセルロースを使用して製造されています。人工涙液は、結膜や角膜、眼球の表面全体に十分な水分や潤滑油が生成されない病状であるドライアイの治療に広く使用されています。OTC人工涙液は生体適合性があり、涙液膜の安定化、治癒の促進、涙液の蒸発を最小限に抑えることができます。さらに、OTC人工涙液は、軟膏、スプレー、乳液、溶液、ゲルなどの形態で販売されており、いずれも非常に利用しやすくなっています。

市場の動向

慢性的な眼科疾患にかかりやすい老年人口の増加は、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。ドライアイ症候群(DES)、糖尿病、栄養不足の有病率の増加により、目の不快感を速やかに緩和するためのOTC人工涙液の需要が高まってきています。また、スマートフォンやテレビ(TV)、ノートパソコンなどの電子機器の利用が増え、長時間画面を見ることによる眼精疲労に悩む人が増加していることが、OTC人工涙液の需要拡大にプラスの影響を及ぼしています。まばたき防止コーティングを施した製品の開発など、さまざまな製品イノベーションが市場成長の原動力となっています。これらのコーティングは、蒸発性ドライアイ症候群に悩む患者に眼球の潤いを提供します。これに伴い、角膜への酸素の流れを促進し、目の表面の乾燥を防ぐために、コンタクトレンズが広く採用され、市場の成長に好影響を与えています。さらに、都市部を中心とした環境汚染の深刻化や人々の健康意識の高まりも、市場の成長を後押しすると考えられています。

主要な市場区分

OTC人工涙液の世界市場は、製品、容器タイプ、製剤、用途、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・溶液

・軟膏

・エマルジョン

・ゲル

・スプレー液

・懸濁液

容器タイプ別の市場区分

・プラスチック製単回投与容器

・プラスチック製マルチ用量容器

・その他

製剤別の市場区分

・保存料ベース

・非防腐剤ベース

用途別の市場区分

・ドライアイ症候群

・アレルギー

・感染症

・紫外線・ブルーライト対策

・コンタクトレンズの保湿

・その他

流通チャネル別の市場区分

・病院薬局

・ドラッグストア・小売店

・オンライン薬局

市場の競合状況

OTC人工涙液の世界市場における主要な企業としては、AbbVie Inc., Akorn Inc., Alcon, Bausch Health Companies Inc., Johnson & Johnson, Nicox S.A., OASIS Medical, OCuSOFT Inc., Santen Pharmaceutical Co. Ltd., Similasan Corporation, Sun Pharmaceutical Industries Ltd., URSAPHARM Arzneimittel GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]