感染監視ソリューション市場、2027年までに11億5,850万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の感染監視ソリューション市場は、2021年に5億1,410万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13.30%のCAGRで成長し、2027年までに11億5,850万米ドル規模に達すると予測されています。

感染監視ソリューションは、医療従事者がさまざまな感染症に罹患した患者に関するデータを収集、分析、解釈するのを支援します。病院のインターネットプロトコルを通知し、医師や看護師が情報を発信することで、患者の治療に役立てることができます。また、抗生物質耐性菌(ARO)、下気道感染症、人工呼吸器関連肺炎、尿路、手術創、中心静脈血流などの診断にも役立ちます。さらに、感染監視ソリューションは、伝染病を特定し、正確な従業員の健康状態の詳細、手術データベース、リアルタイムの医療記録、微生物病原体のシフトを提供します。

市場の動向

劣悪な衛生環境や医療スタッフの怠慢による院内感染(HAI)の蔓延は、市場を牽引する主な要因の一つとなっています。また、多くの国の政府は、患者のケアの質と安全性を高め、HAIを予防するための取り組みを行っています。これに加えて、医療費の増加や、電子医療記録(EHR)を維持するための改良型ITシステムの病院での高い導入率が、市場の成長を促進しています。さらに、高齢者人口の増加や世界的な手術件数の増加が、感染監視ソリューション市場にプラスの影響を与えています。これとは別に、医療情報技術(IT)企業は、データ管理、分析、感染症や疫病のデータ収集を効率化するインフラストラクチャの革新的なソリューションを導入しています。これは、医療スタッフがソフトウェアとその使用方法を理解するのを支援する監視ソリューションのいくつかの開発と相まって、市場の成長を後押ししています。このほか、クラウドベースソフトウェアの導入の進展、ウェブベースソリューションやモバイルプラットフォームの需要拡大も、市場の成長をさらに加速しています。

主要な市場区分

世界の感染監視ソリューション市場は、コンポーネント、導入形態、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

導入形態の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・診療所

・外来サービスセンター

・専門施設

・その他

市場の競合状況

世界の感染監視ソリューション市場における主要な企業としては、Baxter International Inc., Becton Dickinson and Company, Centrak Inc. (Halma plc), Cerner Corporation, CKM Healthcare Incorporated, Ecolab Inc., International Business Machines Corporation, Medexter Healthcare, Perahealth Inc., PointClickCare, Premier Inc., Sunquest Information Systems Inc. (Roper Technologies Inc.) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]