リグニン製品市場、2027年までに12億2,200万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のリグニン製品市場は、2021年に9億8,800万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.30%のCAGRで成長し、2027年までに12億2,200万米ドル規模に達すると予測されています。

リグニン製品は、乾燥地植物の細胞壁に自然に存在する、複雑で無害な生分解性ポリマーから派生したものです。糖とスルホン酸糖を還元するリグノスルホン酸を含んでいるため、優れた結合性を示します。現在、壁板、皮革、水処理、鉛蓄電池、石油回収、工業用洗浄剤、油井掘削泥水などに利用されています。また、接着剤、樹脂、バインダー、分散剤、乳化剤、湿潤剤、凝集剤、キレート剤として、世界中のさまざまな最終用途産業で利用されています。

市場の動向

リグニンは、プラスチックや化学品など幅広い製品において、化石由来の原料を代替することができます。このことは、化石燃料の価格上昇と枯渇により、消費者の嗜好が代替エネルギーや化学物質にシフトしていることと相まって、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、各国の政府機関は、二酸化炭素(CO2)排出量を削減するために、紙パルプ産業におけるエネルギー効率の高い手段の導入を奨励しています。このため、合板、配向性ストランドボード(OSB)、積層単板材(LVL)、紙のラミネート、断熱材などの樹脂において、化石由来のフェノールに代わる精製リグニンの需要が高まっています。さらに、農業分野では、農薬、肥料用レンガ、飼料用ペレット、添加物などに使用されています。加えて、錠剤製造のための医薬品賦形剤として、ヘルスケア産業で幅広く使用されています。さらに、航空宇宙産業における強化複合材料としてのリグニンベースの炭素繊維の人気の高まりは、世界中で事業展開している市場関係者に有利な機会を提供すると予想されています。

主要な市場区分

世界のリグニン製品市場は、製品、供給元、用途に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・オルガノソルブリグニン

・クラフトリグニン

・リグノスルホン酸塩

・その他

供給元別の市場区分

・セルロース系エタノール

・クラフトパルプ

・亜硫酸パルプ

用途別の市場区分

・コンクリート添加剤

・動物飼料

・バニリン

・分散剤

・樹脂

・活性炭

・炭素繊維

・プラスチック・高分子

・フェノール・誘導体

・その他

市場の競合状況

世界のリグニン製品市場における主要な企業としては、Aditya Birla Management Corporation Pvt. Ltd., Borregaard AS, Domtar Corporation, Green Agrochem, Ingevity Corporation, Merck KGaA, Nippon Paper Industries Co. Ltd.、Rayonier Advanced Materials、Stora Enso Oyj、The Dallas Group of America Inc.、West Fraser Timber Co. Ltd.、Wuhan East China Chemical Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]