データガバナンス市場、2027年までに89億4千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のデータガバナンス市場は、2021年に26億3千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は21.50%のCAGRで成長し、2027年までに89億4千万米ドル規模に達すると予測されています。

データガバナンスとは、組織が目標達成のために情報を効果的かつ効率的に利用できるようにするための一連の方針、プロセス、標準、指標を指します。データガバナンスは、信頼性の高いデータを提供し、管理コストを削減し、顧客サービスを向上させ、規制、法律、業界のコンプライアンスを強化するものです。データカタログと統合することで、組織がデータの検索、キュレーション、分析、準備、共有を行うとともに、人工知能(AI)イニシアチブをサポートすることができます。そのため、世界中の企業がデータガバナンスに依存し、日常業務の簡素化、戦略的なビジネス上の意思決定、製造コストの最小化、顧客の購買行動パターンの把握に役立てています。

市場の動向

現在、企業はビジネスのデジタル化を進めており、より多くのデータソースと資産を蓄積しています。このことは、データソースを管理し、組織全体で利用できるようにするためのデータガバナンスの導入を促す重要な要因の一つとなっています。また、規制環境がますます複雑化していることから、新たな規制を積極的に予見しつつ、コンプライアンス違反に伴うリスクを回避するために、堅牢なデータガバナンスを確立する必要性が高まっています。これとは別に、銀行・金融サービス・保険(BFSI)セクターにおけるデータガバナンスは、パフォーマンスの向上、データに関する社内問題の緩和、潜在的なデータ漏えいの防止に役立ちます。このことは、オンラインバンキングサービスの利用が増加していることと相まって、市場の成長に寄与しています。このほか、医療業界では、1人当たりの医療費を削減し、治療、支払い、研究、成果の改善などの医療情報を管理するために、データガバナンスが採用されています。さらに、医師や医療補助者が患者ケアの安全性と質の向上を重視するようになったため、世界的にデータガバナンスの需要が高まっています。

主要な市場区分

世界のデータガバナンス市場は、コンポーネント、導入形態、組織規模、業務、用途、最終使用産業に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

導入形態別の市場区分

・クラウドベース

・オンプレミス

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

業務別の市場区分

・業務・IT

・法務

・財務・会計

・営業・マーケティング

・その他

用途別の市場区分

・インシデント管理

・プロセス管理

・リスク・コンプライアンス管理

・監査管理

・データ品質とセキュリティ管理

・その他

最終使用産業別の市場区分

・IT・通信

・ヘルスケア

・小売

・防衛

・BFSI

・その他

市場の競合状況

世界のデータガバナンス市場における主要な企業としては、Adobe Inc., Alation Inc., Amazon Web Services Inc.(Amazon.com Inc.), Collibra, Infosys Limited, International Business Machines Corporation, Microsoft Corporation, MicroStrategy Incorporated, Oracle Corporation, SAP SE, SAS Institute Inc., Teradata Corporation, TIBCO Software Inc., Varonis Systems Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]