保険分析市場、2027年までに217億8千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の保険分析市場は、2021年に98億7千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13.30%のCAGRで成長し、2027年までに217億8千万米ドル規模に達すると予測されています。

保険分析とは、保険契約の引受、価格設定、格付け、保険金請求、マーケティングに関連するリスクを最小化するために、データソースから洞察を収集、分析、抽出するプロセスを指します。データ分析ツール、人工知能(AI)、ビッグデータソリューションを統合したソフトウェアプラットフォームを活用し、リードの生成や市場動向の特定を行います。このソフトウェアにより、組織や個人は保険金の支払いや流動性、その他の金融業務を追跡することができます。また、保険分析は、全体的な運用コストの削減、不正行為の防止、顧客との関係の最適化、保険モデルにおける予測分析の活用を支援するものです。これらのソリューションは、オンプレミスまたはクラウド上で展開することができ、保険会社、第三者機関、ブローカー、コンサルタントなどに広く利用されています。

市場の動向

世界中の銀行、金融サービス、保険(BFSI)業界の著しい成長は、市場に明るい見通しをもたらす重要な要因の一つとなっています。大中規模の組織は、業務効率向上のために、クラウドコンピューティング、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)、データ分析、ロボットプロセス自動化(RPA)、チャットボット、機械学習ソリューションと統合した保険分析ツールを広く採用しています。 保険分析は、申請者、保険契約者、第三者請求者、専門家による内部不正、料金支払い拒否、引き受けやサイバーセキュリティの不正を防止するのに役立ちます。また、保険の水増し、請求の水増し、事故の演出、不正確な情報の証拠の提出などの不正行為の増加も、市場成長の推進力となっています。さらに、ビッグデータや予測モデリングを統合した保険分析ソリューションの普及も、市場成長を促す要因の一つとなっています。これらのソリューションは、テレマティクス、代理店や顧客とのやり取り、ソーシャルメディアプラットフォームなど、社内外の情報源から情報を収集し、損失やリスクを軽減するための対策を練ることができます。このほか、サイバー攻撃を防止するための政府の厳格な政策の実施や、保険金支払いの管理時間を短縮する要求の高まりなども、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の保険分析市場は、コンポーネント、導入形態、企業規模、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

用途別の市場区分

・クレームマネジメント

・リスクマネジメント

・顧客管理

・セールス&マーケティング

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・保険会社

・政府機関

・第三者機関(アドミニストレーター、ブローカー、コンサルタントなど)

市場の競合状況

世界の保険分析市場における主要な企業としては、Applied Systems Inc.、Hexaware Technologies Limited、International Business Machines Corporation、LexisNexis Risk Solutions(RELX PLC)、Microsoft Corporation、MicroStrategy Incorporated、Open Text Corporation、Oracle Corporation、Pegasystems Inc.、Salesforce.com, Inc.、SAP SE、Sapiens International Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]