医療業界向けチャットボット市場、2027年までに7億1,107万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の医療業界向けチャットボット市場は、2021年に2億736万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は21.50%のCAGRで成長し、2027年までに7億1,107万米ドル規模に達すると予測されています。

医療業界向けチャットボットは、機械学習(ML)アルゴリズムと自然言語処理(NLP)が統合されたソフトウェアです。これらは、医療アシスタントが会話を促し、関与し、患者にリアルタイムの援助を提供することを可能にします。患者に24時間365日の遠隔医療を提供することで、通院や診察にかかる時間を削減し、不要な治療や処置、入院および再入院などをしないで済ませるのに役立ちます。現在、いくつかの医療業界向けチャットボットは、複雑な自己学習アルゴリズムを活用し、人間同士のような内容のある会話をすることができます。

市場の動向

医療業界向けチャットボットの世界市場を牽引する重要な要因の一つは、コロナウイルス(COVID-19)の発生です。このウイルスは感染力が強いため、世界中の医療従事者は、症状が軽い患者をモニタリングし、病院でのケアをタイムリーに提供するために、医療業界向けチャットボットに頼っています。これらのチャットボットは、COVID-19に関する必要な情報をさまざまな言語で伝え、スクリーニングのプロセスをより迅速かつ効率的にします。また、遠隔患者モニタリング(RPM)の需要の高まりと相まって、慢性疾患の有病率が高まっていることが、市場成長の推進力となっています。さらに、民間クリニックでは、患者のトリアージやクラークに医療業界向けチャットボットを採用しており、大幅なコスト削減と患者の治療成果の向上にさらにつながっています。加えて、既存の患者や重篤な患者の治療のために病院のリソースを解放するのに役立ちます。さらに、複数の医療関連企業が、デジタル医療支援を提供するソリューションの開発に注力しています。その結果、患者がライブビデオやテキストコンサルテーションを介して実際の医師と対話するためのインターフェースを提供するハイブリッドチャットボットの利用が増加しています。また、これらのチャットボットは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、不安、うつ病の人々にメンタルヘルス支援や認知行動療法(CBT)を提供します。さらに、ウェブカメラやマイクを介して、自閉症の人の社会的スキルの向上を支援します。

主要な市場区分

世界の医療業界向けチャットボット市場は、コンポーネント、導入形態、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

導入形態別の市場区分

・クラウド型

・オンプレミス

アプリケーション別の市場区分

・症状チェック

・医療・医薬品情報支援

・予約管理・モニタリング

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・患者

・医療従事者

・保険会社

・その他

市場の競合状況

世界のヘルスケア用チャットボット市場における主要な企業としては、Ada Health GmbH, Babylon Inc., Buoy Health Inc., Creative Virtual Ltd., GYANT.com Inc., HealthTap Inc., Infermedica, Microsoft Corporation, PACT Care BV, Sensely Inc., Woebot Health, Your.MD Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]