ネットワークフォレンジック市場、64億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のネットワークフォレンジック市場は、2021年に25億5千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は15.4%のCAGRで成長し、2027年までに64億1千万米ドル規模に達すると予測されています。

ネットワークフォレンジックとは、サイバー攻撃を防ぐために、ネットワークトラフィックやイベントに関する情報を検索・検査するために使用されるデジタルフォレンジックソリューションのことを指します。大量のデータを監視・識別し、コンピューターネットワークへの不正アクセスを防止するソフトウェアアプリケーションで構成されています。また、ユーザーの活動、組織の取引、システムパフォーマンスの追跡や、安全な組織プラットフォームを維持するためのゼロデイ攻撃の特定と解決にも使用されます。ネットワークフォレンジックは、侵入検知システム(IDS)、セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)、脅威インテリジェンス、パケットキャプチャ分析、ファイアウォール、ログ管理など、さまざまなソリューションを提供します。オンプレミスまたはクラウドで展開でき、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、ヘルスケア、教育、エネルギー、テレコミュニケーション、情報技術(IT)など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

ランサムウェア、分散型サービス拒否(DDOS)攻撃、高度持続的脅威(APT)などのサイバー攻撃や高度脅威の発生率の増加は、市場の成長を促す重要な要因となっています。組織は、不正アクセスの認識と防止、セキュリティ脅威の発生源の特定を目的として、ネットワークフォレンジックソリューションを広く活用しています。また、BYOD(Bring-your-Own-Devices)の新たなトレンドや、IoT(Internet of Things)対応機器の普及が、市場成長の推進力となっています。ネットワークフォレンジックソリューションは、モバイルおよびWebアプリケーションのセキュリティ確保、実用的なデジタル証拠の抽出、ネットワーク上のデータの詳細な分析に、企業によって広く活用されています。さらに、クラウドベースのフォレンジックソリューションの開発など、様々な技術的進歩も市場の成長を後押ししています。その他、情報技術(IT)インフラの大幅な改善や、政府の有利な政策の実施なども、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界のネットワークフォレンジック市場は、コンポーネント、組織規模、導入形態、用途、最終使用産業に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

導入形態別の市場区分

・クラウド型

・オンプレミス

用途別の市場区分

・データセンターセキュリティ

・エンドポイントセキュリティ

・ネットワークセキュリティ

・アプリケーションセキュリティ

・その他

最終使用産業の市場区分

・BFSI

・政府機関

・ヘルスケア

・IT・通信

・教育

・製造業

・小売業

・その他

市場の競合状況

世界のネットワークフォレンジック市場における主要な企業としては、Cisco Systems Inc.、CrowdStrike Holdings Inc.、FireEye Inc.、Fortinet Inc.、International Business Machines Corporation、LiveAction Inc.、LogRhythm Inc.、McAfee LLC、NETSCOUT Systems Inc.、NIKSUN Inc.、NortonLifeLock Inc.、Rapid7 Inc.、RSA Security LLC (Dell Technologies Inc.), Trend Micro Incorporated, VIAVI Solutions Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]