ソーラーフリーザー市場、2027年までに126億7千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のソーラーフリーザー市場は、2021年に86億3千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.1%のCAGRで成長し、2027年までに126億7千万米ドル規模に達すると予測されています。

ソーラーフリーザーは、エネルギー源としてのソーラーパネルと一体化した冷凍装置です。暑い気候の中で、肉や乳製品を保存・冷凍し、保存するために使用されます。ソーラーフリーザーには、一般的に太陽電池を使用するものと、太陽光を直接使用するものがあります。ソーラーフリーザーは、ソーラーアレイ、パネル支持構造、バッテリー、高断熱冷凍コンテナで構成されています。また、腐敗や汚染を防ぐために、温度に敏感なワクチンや医薬品などの保存にも使用されています。従来の冷凍システムと比べて、ソーラーフリーザーは環境にやさしく、寿命が長く、直流電力で作動するため、幅広い用途に利用されています。そのため、ヘルスケア、製薬、食品・飲料など、さまざまな産業で幅広く利用されています。

市場の動向

再生可能エネルギーで動作する効率的な冷凍システムへの需要が高まっていることが、市場成長の主な要因の一つです。環境意識の高まりに伴い、消費者はフロン(CFC)やその他のオゾン層破壊剤に基づく冷凍システムへの依存を最小限に抑えるために、ソーラーフリーザーを広く採用しています。また、従来の冷蔵庫や冷凍庫と比較して、ソーラーフリーザーは必要なエネルギー消費量が少ないため、市場の成長に寄与しています。さらに、製薬業界の著しい成長も、市場に明るい展望をもたらしています。コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に広がり続ける中、ワクチンや血液バッグ、その他の医薬品を保管するため、医療機関全体で、ソーラーフリーザーの需要が大幅に増加しています。加えて、レクリエーショナルビークル(RV)にポータブルソーラーフリーザーが広く普及していることも、市場の成長を後押ししています。その他、消費者の購買力の向上や、オフグリッド地域での軍による製品需要の拡大などが、市場成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のソーラーフリーザー市場は、タイプ、容量、最終用途に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・太陽電池式

・ソーラーダイレクトドライブ式

容量別の市場区分

・250リットル未満

・250~500リットル

・500リットル超

最終用途別の市場区分

医療

・病院

・薬局・ワクチン

・血液銀行

・その他

家庭

インフラ

商業施設

その他

市場の競合状況

世界のソーラーフリーザー市場における主要な企業としては、B Medical Systems, Connexa, Dulas Ltd, KATEK Memmingen GmbH, Kyocera Corporation, Rockwell Industries Limited, Sholep Energy Ltd, Sundanzer, The Sure Chill Company Limited, Unique Appliances Ltd, Vestfrost Solutionsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]