プライベートLTE市場、2027年までに93億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のプライベートLTE市場は、2021年に44億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.90%のCAGRで成長し、2027年までに93億米ドル規模に達すると予測されています。

プライベート・ロング・ターム・エボリューション(LTE)とは、どのキャリアからも独立した個々のネットワークサービスを提供する携帯電話ネットワークシステムのことです。ハードウェア、モバイルコアソフトウェア、加入者識別モジュール(SIM)カード、ネットワークオーケストレーションソフトウェアを含み、個人または企業の特定の要件をサポートするように設定することができます。プライベートLTEは、局地的なマイクロタワーやスモールセルを利用して、接続性の強化、アプリケーションの変更、ネットワークの遅延の低減を実現します。パブリックLTEと比較すると、プライベートLTEは専用の設備で動作し、独立したカバレッジ、セキュリティ、パフォーマンスを提供します。そのため、プライベートLTEは、教育、医療、製造、石油・ガス、エネルギー・公益事業、小売・電子商取引、情報技術(IT)、通信など、さまざまな業界で幅広い用途に利用されています。

市場の動向

世界的な通信業界の著しい成長は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。プライベートLTEは、帯域幅とデータ転送速度の向上により、ビデオ通話や音声通話時の不安定なインターネット接続を防ぐことができます。また、スマートフォンやスマートホームデバイス(セキュリティアラーム、コネクテッドシティ街灯、スマート廃棄物管理、ウェアラブルフィットネス・ヘルストラッカーなど)での製品活用が広がっていることも、市場成長に好影響を与えています。さらに、通信システムと人工知能(AI)およびモノのインターネット(IoT)ソリューションの統合によるシームレスな接続性、セキュリティ強化、屋外カバー、低遅延などのさまざまな技術的進歩が、市場成長の推進力となっています。これらの技術は、データを分析、最適化、改善し、ネットワーク内の情報の機密性を維持します。その他、組織全体でのワイヤレスネットワーク需要の増加や、医療システム間の通信を改善するために医療業界で製品が広く採用されていることなどが、市場の成長をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界のプライベートLTE市場は、コンポーネント、技術、周波数帯、展開モデル、業種に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・インフラ

・サービス

技術別の市場区分

・FDD

・TDD

周波数帯別の市場区分

・ライセンス

・非認可

・共用周波数帯

展開モデル別の市場区分

・集中型

・分散型

業種別の市場区分

・ヘルスケア

・IT・通信

・製造・小売・電子商取引

・政府・防衛

・エネルギー・ユーティリティ

・石油・ガス

・教育

・その他

市場の競合状況

世界のプライベートLTE市場における主要な企業としては、Airspan Networks Inc., ASOCS Ltd., Casa Systems Inc., Cisco Systems Inc., Comba Telecom Systems Holdings Limited, CommScope Inc., Druid Software Limited, Huawei Technologies Co. Ltd., Nokia Corporation, Qualcomm Incorporated, Sierra Wireless Inc.,Telefónica S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]