ポリブチレンテレフタレート(PBT)市場、2027 年までに 34億5,060万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のポリブチレンテレフタレート(PBT)市場は、2021年に26億9,190万米ドルの規模に到達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.22%のCAGRで成長し、2027年までに34億5,060万米ドル規模に達すると予測されています。

ポリブチレンテレフタレート(PBT)は、電子部品の絶縁材料として利用される高分子半結晶エンジニアリング熱可塑性プラスチックです。テレフタル酸ジメチルまたはテレフタル酸とブタンジオールの重縮合により製造される半芳香族で、白またはオフホワイト色のポリエステルです。また、キーボード、配電ボックス、プラグコネクター、リレー、スイッチ、光ファイバーケーブルのジャケットの製造に広く使用されています。さらに、PBTは、高強度、耐薬品性、耐摩耗性、耐熱性、寸法安定性を有しています。従来から使われているポリエチレンテレフタレート(PET)に比べ、融点が低く、結晶化しやすく、耐衝撃性、柔軟性に優れています。そのため、自動車、繊維、電気・電子など、さまざまな産業で幅広く使用されています。

市場の動向

世界的に自動車産業が大きく成長していることが、PBT市場に明るい展望をもたらしています。PBTは、鋳鉄、ステンレス、青銅、セラミックベースの自動車ハンドル、燃料システム部品、フロントガラス用ワイパーカバー、コネクター、シートベルトの製造に広く使用されています。また、PBTの天然弾性、耐塩水性、色保持特性により、水着を製造する繊維産業での製品利用が増加しており、市場の成長に好影響を与えています。さらに、リサイクル可能なPBTの開発など、さまざまな製品のイノベーションが市場成長の推進力となっています。PBTは、持続可能なグリーン材料を使用して製造されており、環境に優しく、生体適合性と生分解性を備えています。これに伴い、電気自動車(EV)の高電圧・高感度電子センサーの製造におけるPBTの需要増加は、市場成長に好影響を与えています。また、偏向コイル、ブッシング、アダプターコイルボビンを製造するための製品需要の増加とともに、さまざまな産業におけるPBTの利用を促進するための政府の各種政策の実施などの要因が、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界のポリブチレンテレフタレート(PBT)市場は、タイプ、加工方法、最終使用産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・工業用グレード

・商業用グレード

加工方法別の市場区分

・射出成型

・押出成形

・ブロー成形

・その他

最終使用産業別の市場区分

・自動車

・押出製品

・電気・電子

・その他

市場の競合状況

世界のポリブチレンテレフタレート(PBT)市場における主要な企業としては、BASF SE, Celanese Corporation, Chang Chun Group, Clariant AG, Daicel Corporation, DuPont de Nemours Inc., Evonik Industries AG, Koninklijke DSM N.V., Lanxess AG, LG Chem Ltd., Mitsubishi Chemical Corporation, Nan Ya Plastics Corporation, Saudi Basic Industries Corporation (Saudi Arabian Oil Co.), Saudi International Petrochemical Company (Sipchem), Toray Industries Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]