水圧破砕市場、2027年までに615億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の水圧破砕市場は、2021年に413億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて市場は6.48%のCAGRで成長し、2027年までに615億米ドル規模に達すると予測されています。

水圧破砕法(フラッキング)は、石油や天然ガスを抽出し、砂岩、頁岩、石炭などの低透水性の岩石に新しい亀裂を作り、石油やガスの流れを強化するために使用される石油・ガス井の掘削プロセスを指します。水圧破砕法は、高圧の水、砂、化学物質を坑井の岩盤に注入します。水圧破砕は一般的に、セメントライナーで井戸を刺激し、1つ以上の貯留層ゾーンからの流れを遮断して抽出ゾーン間の圧力を調整するプラグとパーフ、スライドスリーブ技術を利用します。坑井は、砂、セラミックペレットおよび非圧縮性の小粒子などのプロパントを使用して、水平および垂直方向で掘削されます。油圧破砕は、石油およびガス資源へのアクセスを改善し、大気中の汚染粒子の量を最小限に抑えるのに役立ちます。

市場の動向

オンショアとオフショアの石油やガスの探査活動の大幅な増加は、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。水圧破砕は、油田の再開発、井戸の基地の拡張、天然ガスや原油の抽出のための新しいオフショアプロジェクトの探索に広く使用されています。また、先進国と新興国の両方にわたるエネルギー需要の高まりは、市場の成長に推進力を与えています。水圧破砕は、浸透性の低いシェール層の探査や石油生産の最適化に広く利用されています。これに伴い、垂直・水平井戸のプラグ&パーフ技術の採用が増加していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、泡を使った水を使用しないフラッキング技術の開発も、市場成長を促す要因として作用しています。発泡体は粘度が高く、液体含有量が少ないため、水の利用を最小限に抑え、環境への影響を低減するのに役立ちます。その他、費用対効果の高いファインメッシュ・フラックサンドの開発や、持続可能な開発に関する有利な政策の実施などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の水圧破砕市場は、井戸タイプ、流体タイプ、技術、用途に基づいて分類されています。

井戸タイプ別の市場区分

・水平

・垂直

流体タイプ別の市場区分

・スリック水性流体

・発泡性流体

・ゲル状油性流体

・その他

技術別の市場区分

・プラグ・パーフ

・スライドスリーブ

用途別の市場区分

・シェールガス

・タイトオイル

・タイトガス

市場の競合状況

世界の水圧破砕市場における主要な企業としては、Afg Holdings Inc.、Archer Limited、Baker Hughes Company、Basic Energy Services Inc.、Calfrac Well Services Ltd.、Fts International Inc.、Halliburton Company、Legend Energy Services、Liberty Oilfield Services Inc.、Nextier Oilfield Solutions Inc.、Nine Energy Services、Patterson-Uti Energy Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]