自動販売機市場、2027年までに253億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の自動販売機市場は、2021年に185億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.3%のCAGRで成長し、2027年までに253億米ドル規模に達すると予測されています。

自動販売機とは、トークンや現金と引き換えに小型の製品を払い出す独立型の自動装置です。自動販売機は、スナック菓子、チョコレートバー、カップケーキ、ピザ、キャンディー、温かい飲み物、冷たい飲み物などの食品やドリンクを提供するために使用されます。また、玩具、新聞、タバコ、チケットなどの提供にも使用されます。商品は機械にセットされ、いつでも購入することができます。機械は消費者が選択した商品番号に対応する商品を払い出します。また、自動販売プロセスを自動化し、ユーザーにシームレスな体験を提供するために、紙幣・コインバリデーション、コンピューター制御盤、冷凍機、照明装置で構成されています。自動販売機は公共スペース、複合商業施設、レストラン、ホテルなどで広く利用されています。

市場の動向

世界的な小売業界の著しい成長は、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。また、空港、病院、学校の食堂、鉄道、ガソリンスタンド、工場などで、自動製品供給システムの需要が高まっていることも、市場成長の原動力となっています。さらに、自動回収機(RVM)の開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長を促す要因となっています。これらの機械は、使用済みまたは空のプラスチック容器やアルミ缶を挿入して、報酬と交換することができます。加えて、製品メーカーは、タッチスクリーンパネル、ジェスチャー、ビデオ、オーディオ、香りを使ったインタラクション、キャッシュレス決済機能などを組み込んだ新製品を発売しています。これに伴い、セルフサービス技術の産業界への普及も、市場の成長に寄与しています。その他、消費者の購買力の向上や、モノのインターネット(IoT)、クラウドコンピューティングに対応した産業用自動販売機に対する需要の高まりなどが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界の自動販売機市場は、タイプ、技術、決済手段、アプリケーションに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・食品自動販売機

・飲料自動販売機

・タバコ自動販売機

・その他

技術別の市場区分

・自動機

・半自動機

・スマートマシン

決済手段別の市場区分

・現金

・キャッシュレス

アプリケーション別の市場区分

・ホテル・レストラン

・企業オフィス

・公共施設

・その他

市場の競合状況

世界の自動販売機市場における主要な企業としては、Azkoyen Group, Bianchi Industry S.p.A., Cantaloupe Inc., Crane Co., Fuji Electric Co. Ltd., Glory Ltd., Jofemar Corporation, Orasesta Spa, Royal Vendors Inc., Sanden Holdings Corporation, Seaga Manufacturing Inc., Selecta AG, Westomatic Vending Services Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]