ゲル電池市場、2027年に26億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のゲル電池市場は、2021年に20億7千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.2%のCAGRで成長し、2027年には26億3千万米ドル規模に達すると予測されています。

ゲル電池は、従来の電池と比較して、軽量で耐久性があり、寿命が長く、極端な温度範囲にも耐えることができます。ゲル化した電解質で構成されており、液漏れ、蒸発、腐食、内部抵抗のリスクを低減します。メンテナンスが不要なため、携帯電話、ビデオカメラ、オートバイ、船舶用機器、高級車など、世界中で広く利用されています。さらに、ゲル電池は、その柔軟な設計と耐振動性から、ソーラーシステム、海洋トローリング、ヨット、無停電電源システム(UPS)、緊急照明などに適していると考えられています。

市場の動向

ゲル電池は、オフグリッドの太陽光発電システムでエネルギー貯蔵デバイスとして使用されています。これは、遠隔地での停電時にバックアップを提供する太陽光発電装置の需要の高まりと相まって、市場の主要な推進要因となっています。また、各国政府は、税額控除やインセンティブ、ソーラーパネル部品の価格引き下げなどを通じて、再生可能エネルギー源の利用を促進しています。これとは別に、燃料を使用する自動車が環境に与える悪影響に関する懸念の高まりは、電気自動車(EV)、公共交通機関、航空機でのゲル電池の使用にプラスの影響を与えています。さらに、汚染レベルの上昇に対する個人の意識の高まりが、市場の成長に寄与しています。加えて、医療施設で使用される電動車椅子や人工呼吸器などの製造にも使用されています。さらに、神経疾患や整形外科疾患にかかりやすい高齢者の増加に伴い、電動車椅子の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。その他の要因として、ゴルフカート、床磨き機、コンピュータのバックアップ用としてゲル電池の利用が拡大していることも、市場のさらなる成長に拍車をかけています。

主要な市場区分

世界のゲル電池市場は、タイプ、流通チャネル、用途に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・2V

・6V

・12V

流通チャネル別の市場区分

・オンライン

・オフライン

用途別の市場区分

・エレクトリックモビリティ

・エネルギー貯蔵・供給

・テレコミュニケーション

・その他

市場の競合状況

世界のゲル電池市場における主要な企業としては、B.B. Battery、BSB Power Company Limited、C&D Technologies Inc.、Canbat Technologies Inc.、Exide Technologies、Exponential Power Inc.、JYC Battery Manufacturer Co. Ltd.、Leoch International Technology Limited Inc.、Power-Sonic Corporation、Vision Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]