磁気ビーズ市場、2027年までに37億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

磁気ビーズの世界市場は、2021年に18億2千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.70%のCAGRで成長し、2027年までに37億5千万米ドル規模に達すると予測されています。

磁気ビーズは、生体分子を簡単かつ効果的に分離するために分子生物学で使用される酸化鉄の微粒子です。プラスミド、ゲノムおよびミトコンドリアのデオキシリボ核酸(DNA)、リボ核酸(RNA)、タンパク質を精製するためのシンプルで信頼性の高い方法として利用されています。次世代シーケンサー(NGS)、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、定量PCR(qPCR)、液滴デジタルPCR(ddPCR)、その他の増幅およびジェノタイピングアプリケーションに広く利用されています。また、抗原、抗体、触媒のキャリアとして、組織特異的なターゲティングや磁気共鳴イメージング(MRI、磁性粒子イメージング、ナノマテリアルに基づく触媒作用)にも世界中で応用されています。

市場の動向

分子生物学やナノテクノロジーに基づく分析手法は、今日ではコロナウイルス(COVID-19)を高い精度と正確さで迅速にスクリーニングするための診断ツールとして採用されています。これは、世界中で磁気ビーズの需要を促進する主要な要因となっています。また、多用途性と迅速な結果提供能力を理由に体外診断検査の需要が高まっていることも、市場の成長に拍車をかけています。さらに、寿命の大幅な伸びとベビーブーマー世代の高齢化が、慢性疾患を対象とした医薬品やその他の研究に対する需要を喚起しています。その結果、病気の予防や治療法、新しいタンパク質製品の開発を促進する磁気ビーズの需要にプラスの影響を及ぼしています。加えて、グラファイトカーボンを含む磁性ビーズが、畜産排水中の色素や有機物の除去に有効であることが研究されています。このような技術革新は、農業分野での磁気ビーズの需要拡大を促進しています。さらに、遺伝子や微生物学の研究活動への投資の増加が、市場成長の推進力になると予測されています。

主要な市場区分

世界の磁気ビーズ市場は、タイプ、磁性体コア、サイズ、用途に基づいて分類されています。 

タイプ別の市場区分

・細胞

・病原性微生物

・核酸

・ペプチド

・タンパク質

・その他

磁性体コア別の市場区分

・超常磁性

・フェリ磁性体

サイズ別の市場区分

・5μm未満

・5-20 μm

・20-40 μm

・40μm以上

用途別の市場区分

・次世代シーケンサー

・生体分子の分離・精製

・分子・免疫診断薬

・その他

市場の競合状況

世界の磁気ビーズ市場における主要な企業としては、Advanced BioChemicals LLC、Bio-Rad Laboratories Inc.、Calbiotech Inc.、MagBio Genomics Inc.、Merck KGaA、New England Biolabs、Promega Corporation、Qiagen N.V., Thermo Fisher Scientific Inc.、Vazyme Biotech Co. Ltd.、Xiamen Zeesan Biotech Co. Ltd.、Vazyme Biotech Co.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]