薬剤溶出ステント市場、2027年までに108億米ドル規模到達見込み

市場の概要

薬剤溶出ステントの世界市場は、2021年に73億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて市場は6.50%のCAGRで成長し、2027年までに108億米ドル規模に達すると予測されています。

薬物溶出ステント(DES)は、末梢動脈または冠動脈で薬剤を徐放し、細胞増殖を阻止して健全な血流を促進するために使用される冠動脈デバイスです。金属製のステント、ポリマーコーティング、抗再狭窄薬から構成されています。ステントは、動脈が滑らかな状態を維持し、十分な血流を確保するのを助ける薬剤でコーティングされています。DESは、心臓の動脈の閉塞を治療し、プラークの蓄積や血栓を防ぎ、繰り返される再灌流を減らすために広く使用されています。このステントは低侵襲性(MI)であり、再狭窄率が低く、血管の治癒が促進され、二重抗血小板療法を長期間行う必要性が低減されます。

市場の動向

慢性疾患を抱える高齢者人口の増加は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。DESは、冠動脈バイパス手術などの侵襲的な処置の必要性を減らすのに役立つため、動脈障害を発症するリスクの高い患者に広く利用されています。また、不健康な食事パターン、運動不足、座りっぱなしの生活習慣などにより、心血管疾患の有病率が増加していることも、市場の成長に好影響を与えています。さらに、生体吸収性ステントの発売など、さまざまな技術的進歩が市場成長の推進力となっています。これらのステントは体内で容易に分解でき、ステント血栓症のリスクを軽減します。これに伴い、ポリマーを含まないコーティングを施したステントの普及が、市場成長にプラスの影響を与えています。これらのステントは、より高い薬物負荷容量と迅速な薬物溶出速度を発揮します。その他、異常心拍、心不全、心臓発作の発生率の上昇や、大衆の間でのMI技術に対する需要の増加などが、市場の成長に向けた推進力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の薬剤溶出ステント市場は、コーティング、薬剤、ステントプラットフォーム、世代、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コーティング別の市場区分

・ポリマーベースコーティング

・ポリマーフリーコーティング

薬剤別の市場区分

・シロリムス

・パクリタキセル

・ゾタロリムス

・エベロリムス

・ビオリムス

・その他

ステントプラットフォーム別の市場区分

・ステンレススチール

・コバルトクロム

・プラチナ・クローム

・ニチノール

・その他

世代別の市場区分

・第1世代

・第2世代

・第3世代

・第4世代

アプリケーション別の市場区分

・冠動脈疾患

・末梢動脈疾患

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・外来外科センター

・その他

市場の競合状況

世界の薬剤溶出ステント市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories, B. Braun Melsungen AG, Biosensors International Group Ltd., Biotronik, Boston Scientific Corporation, Cardinal Health Inc., Cook Medical LLC (Cook Group Incorporated), Lepu Medical Technology (Beijing) Co. Ltd., Medtronic plc, MicroPort Scientific Corporation, Sino Medical Sciences Technology Inc., Terumo Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]