高度配電管理システム市場、2027年までに30億8,100万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の高度配電管理システム市場は、2021年に10億5,300万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は18.8%のCAGRで成長し、2027年までに30億8,100万米ドル規模に達すると予測されています。

高度配電管理システム(ADMS)は、電力網を管理・制御するために使用されるソフトウェアベースのソリューションです。電力需要の調整、エネルギー出力の管理、配電網の停電の低減に利用されます。ADMSはまた、分散型エネルギー資源(DER)の管理、密接に統合されたユーティリティーツール、ビル管理システムとの閉ループ相互作用にも関与しています。配電管理、エネルギー管理、顧客情報、自動検針(AMR)、電圧制御などの機能で広く利用されています。信頼性、データセキュリティ、電力品質、再生可能エネルギー利用、自然災害への耐性が強化されています。そのため、ADMSは製造業、エネルギー、防衛、輸送、情報技術(IT)、通信など、さまざまな産業で幅広く利用されています。

市場の動向

世界中で効率的なエネルギー資源に対する需要が高まっていることが、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。ADMSは、配電網の性能最適化と停電復旧の自動化を支援します。また、高度計測インフラ(AMI)の利用が広がっていることも、市場の成長を後押ししています。AMIは、電力使用量の遠隔測定、電圧の監視、停電の特定と切り分けを支援します。さらに、ユーティリティ企業と顧客との双方向通信も可能にします。加えて、コネクテッドデバイスとモノのインターネット(IoT)の統合や、セキュリティを強化し全体的なコストと電力損失を削減するための高度なコンポーネントと制御システムの利用など、さまざまな技術の進歩が市場成長の推進力となっています。これに伴い、スマートグリッド技術の普及が市場成長にプラスの影響を及ぼしています。ADMSは、エネルギー使用を最適化し、グリッドの障害を検出することによって、電力とデータの効率的な伝送を可能にするのに役立ちます。その他、スマートシティの建設が進んでいることや、二酸化炭素排出量の削減を目的とした政府の取り組みなども、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界の高度配電管理システム市場は、提供タイプ、システムタイプ、最終使用産業に基づいて分類されています。

提供タイプ別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

システムタイプ別の市場区分

・配電管理システム(DMS)

・自動検針/高度計測インフラ(AMR/AMI)

・分散型エネルギー資源管理システム(DERMS)

・エネルギー管システム(EMS)

・顧客情報システム(CIS)

・メーターデータ管理システム(MDMS)

最終使用産業別の市場区分

・エネルギー・公益事業

・IT・通信

・製造業

・防衛・官公庁

・インフラ

・運輸・物流

・その他

市場の競合状況

世界の高度配電管理システム市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Alstom SA, Capgemini SE, ETAP/Operation Technology Inc.、General Electric Company, Indra Sistemas S.A., Open Systems International Inc. (Emerson Electric Co.)、Oracle Corporation、S&C Electric Company、Schneider Electric SE、Siemens AG、Survalent Technology Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]