ニトロセルロース市場、2027年までに10億8,300万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ニトロセルロースの世界市場は、2021年に7億7,200万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.4%のCAGRで成長し、2027年までに10億8,300万米ドル規模に達すると予測されています。

ニトロセルロース(C18H21N11O38)は、綿花のリンターや木材パルプなどのセルロースを硝酸と硫酸の混合物で処理することによって製造されるポリマーです。可燃性が高く、毒性がなく、水と混ざらないため、大型軍需品の推進剤に適しています。そのため、無煙火薬、火工品の防水導火線、インク、接着剤、ワニス、樹脂、ラッカー塗装など、日常生活の中で数多くの用途があります。このほか、顕微鏡、写真、電気技術、ガルバノプラスティ、プラスチックなどの切片の埋め込みにも世界的に利用されています。

市場の動向

ニトロセルロースは、世界中のさまざまな最終用途産業で幅広く使用されており、市場成長の主な要因の一つとなっています。例えば、自動車産業では、自動車の金属表面用の高性能塗料の製造に使用されています。また、所得水準の向上と急速な都市化により、自動車の販売台数が増加していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、ニトロセルロースは、その優れた接着性、耐久性、強靭性、溶解性、常温乾燥条件下での迅速な溶剤放出性から、化粧品やパーソナルケア製品の処方に使用されています。このことは、これらの製品に対する需要の高まりと相まって、マニキュア製品、ベースコートとアンダーコート、ネイルクリームとローション、マニキュア、エナメル、リムーバーへのニトロセルロースの採用を促進しています。これとは別に、製薬業界では、角質、いぼ、タコの除去用の市販(OTC)医薬品を製造するために利用されています。ニトロセルロースはまた、デオキシリボ核酸(DNA)、リボ核酸(RNA)、または配列や抗体を標識したタンパク質の固定化、顕微鏡の埋め込み、電気技術、皮膚保護剤、マイクロフィルターに使用する膜の製造にも使用されています。

主要な市場区分

ニトロセルロースの世界市場は、製品、用途、最終使用産業に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・Mグレードセルロース

・Eグレードセルロース

・Aグレードセルロース

・その他

用途別の市場区分

・印刷インキ

・自動車用塗料

・ウッドコーティング

・皮革仕上げ剤

・ネイルワニス

・その他

最終使用産業別の市場区分

・建築・建設

・繊維

・自動車

・航空宇宙

・パーソナルケア・化粧品

・海兵隊

・その他

市場の競合状況

ニトロセルロースの世界市場における主要な企業としては、DuPont de Nemours Inc.、GRN Cellulose Pvt.Ltd.、Hagedorn NC、Hubei Xufei Chemical Co. Ltd.、IVM Chemicals srl、Nitrex Chemicals India Ltd.、Nitro Chemical Industry Ltd.、Nitro Química、Rayonier Advanced Materials、Rheinmetall AG、Syntheia a.s.、T.N.C. Industrial Co. Ltd.、The Nitrocellulose Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]