医療用解凍システム市場、2027年までに2億8,750万米ドル規模到達見込み

市場の概要

医療用解凍システムの世界市場は、2021年に1億7,820万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて市場は7.8%のCAGRで成長し、2027年までに2億8,750万米ドル規模に達すると予測されています。

医療用解凍システムは、生物学研究、バイオ医薬品製品の安全な保管や輸送のために生物学的サンプルを解凍するものです。マイクロプロセッサーを使用して温度を調節し、凍結保存された卵子、精液、胚のサンプルを適切に処理します。現在、凍結血漿や血液製剤の利用が増加していることが、医療用自動解凍システムの需要を世界的に促進しています。これらのシステムは、再現性を維持し、汚染のリスクを低減するために、生きた生物学的物質を迅速に解凍することを支援します。

市場の動向

慢性疾患やウイルス・細菌感染に苦しむ人々の数が大幅に増加していることが、輸血および医療用解凍システムの需要を促進する主な要因の一つとなっています。また、世界中で献血運動への参加者が増えていることも市場成長要因として挙げられます。これに伴い、臓器移植の普及と臓器提供者の増加が、市場の成長を推進しています。これとは別に、外科手術を受ける高齢者人口の増加が、組織移植の需要拡大に寄与しています。このため、皮膚、角膜、腱、骨関節、硬膜、軟骨を採取して組織バンクに保管するための医療用解凍システムの利用が増加しています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)感染症の発生により、組織標本を収集し、細胞反応や感染の生物学的影響を理解し、新しい治療介入や予防戦略を特定するための組織バンクの必要性が高まっています。このほか、再生医療や個別化治療の導入が進んでいることが、世界的にバイオバンクにおける医療用解凍システムの利用を促進しています。さらに、希少疾病に対する効果的な治療方法を発見するための研究開発(R&D)プロジェクトへの投資が増加していることも、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界の医療用解凍システム市場は、製品タイプ、サンプルタイプ、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・手動

・自動

サンプルタイプ別の市場区分

・血液

・血漿

・幹細胞

・全血

・血小板

・胚

・卵子

・精液

エンドユーザー別の市場区分

・血液銀行

・病院

・組織銀行

・製薬・バイオテクノロジー企業

・その他

市場の競合状況

医療用解凍システムの世界市場における主要な企業としては、Barkey GmbH & Co.KG、Biolife Solutions Inc.、Boekel Scientific、Cardinal Health Inc.、General Electric Company、Helmer Scientific Inc.、Hospicare Systems、labcold Limited、MMS Medical and Laboratory Supplies、Sarstedt AG & Co. KG、Sartorius AG、Terumo Penpol Private Limited (テルモ株式会社)、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]