アラミド繊維市場、2027年までに44億米ドル規模到達見込み

市場の概要 

アラミド繊維の世界市場は、2021年に36億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.5%のCAGRで成長し、2027年までに44億米ドル規模に達すると予測されています。

アラミド繊維は有機合成ポリマーで、長鎖ポリアミドの液晶溶液を濃硫酸中で紡糸することにより製造されます。この繊維の分子は強い水素結合で結ばれており、最終製品に絶大な強度と耐摩耗性、耐熱性、有機溶剤性、低融点などの特性を与えています。主に電気絶縁、消防士やレーサー、軍人の防護服、自動車や航空宇宙機器の熱シールドに利用されています。建設業界では、アラミド繊維は繊維強化コンクリートや耐腐食性熱可塑性パイプの製造に使用され、パイプラインの寿命を延ばし、全体のメンテナンスコストを低減します。

市場の動向

自動車、航空宇宙、防衛、建設産業の成長は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、物理的、熱的、電気的、生物学的危険から着用者を保護する人員保護装置用の軽量素材に対する需要の高まりも、市場成長の推進力となっています。アラミド繊維は、ヘルメット、手袋、衣料品素材など、防弾・防刃製品の製造にも使用されています。さらに、釣り竿やゴルフロッド、弓、スキー板、飛行機の壁材などの製品の製造にも広く利用されています。加えて、世界的な工業化・都市化の進展も市場成長を後押しする要因となっています。都市部への移住が増加し、新しいインフラ・プロジェクトの建設が活発化しているため、アスベストやスチールの代替となるアラミド繊維の需要が高まっています。その他、広範な研究開発(R&D)や光ファイバー産業における新たな用途も、今後数年間において市場を牽引する要因になると予測されています。

主要な市場区分

アラミド繊維の世界市場は、製品タイプ、用途、最終用途産業に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・メタ系アラミド繊維

・パラ系アラミド繊維

・その他

用途別の市場区分

・保護生地

・摩擦材

・光ファイバー

・タイヤ補強

・ゴム補強

・コンポジット

・その他

最終用途産業別の市場区分

・航空宇宙・防衛

・自動車

・電子・通信

・スポーツ用品

・その他

市場の競合状況

アラミド繊維の世界市場における主要な企業としては、Teijin、DuPont de Nemours Inc.、Yantai Tayho Advanced Materials Company、Hyosung Corporation、Toray Chemical Korea、Kolon Industries、Huvis、China National BlueStar Group Company、Taekwang Industrial、JSC Kamenskvolokno、Guangdong Charming Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]