ガスケットおよびシール市場、2027年に771億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ガスケットおよびシールの世界市場は、2021年に602億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.13%のCAGRで成長し、2027年には771億米ドル規模に達すると予測されています。

ガスケットおよびシールは、2つの部品間の流体の漏れやエンジン内のゴミの進入を防ぐために使用される機械的な備品です。ガスケットは、2つの非可動フラットフランジの間の静的シールとして機能します。ゴム、亜硝酸塩、グラファイト、ネオプレンなど、高い圧縮率に対応できる材料を用いて製造されています。一方、シールは、シャフト、ポンプ、エンジン部品など、2つの可動部品からの漏れを防ぐために設置されます。通常、平らで丸い形状をしており、内側のゴム面と外側の金属リングで構成されています。これらは主に、軸端からの漏れを防ぐために油圧ラインをシールするために使用されます。ガスケットおよびシールはどちらも高い柔軟性、信頼性、強度、極端な熱への耐性を備えています。

市場の動向

自動車産業の発展は、配管や建設部門での製品利用の増加とともに、市場の成長を促進する重要な要因となっています。世界的な工業化の進展と急速な都市化により、ガスケットおよびシールを使用する製造工場や工場の数が大幅に増加しています。自動車産業では、液体やガスの漏れや流出を防ぐために、これらの製品が広く利用されています。また、ガスケットはエンジンの圧力保持や汚染物質の浸透防止に、シールはショックアブソーバーとして使用されています。さらに、極端な圧力や圧縮荷重、温度変化にも耐えることができるため、製造業ではさまざまなシール機や機器に使用されています。加えて、メーカーに直接または第三者が運営する流通チャネルを提供するeコマースプラットフォームの成長も、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

ガスケットおよびシールの世界市場は、製品、材料、用途、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

ガスケット

・金属製ガスケット

・ゴム製ガスケット

・コルク製ガスケット

・ノンアスベストガスケット

・スパイラルワウンドガスケット

・その他

シール

・シャフトシール

・成型シール

・自動車ボディ用シール

・その他

材料別の市場区分

・繊維

・グラファイト

・PTFE

・ゴム

・シリコーン

・その他

用途別の市場区分

・自動車

・産業機械

・電気・電子

・船舶・鉄道

・航空宇宙

・石油・ガス

・化学品・石油化学

・その他

最終用途別の市場区分

・OEM

・アフターマーケット

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

ガスケットおよびシールの世界市場における主要な企業としては、AB SKF、Dana Incorporated、ElringKlinger、Flowserve、Trelleborg、Freudenberg Sealing Technologies、Federal-Mogul、Smiths Group、BRUSS Sealing Systems、Cooper Standard Holding、Garlock Sealing Technologies、Daetwyler Holdingなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]