Wi-Fiホットスポット市場、2027年に117億6千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のWi-Fiホットスポット市場は、2021年に39億8千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は19.7%のCAGRで成長し、2027年には117億6千万米ドル規模に達すると予測されています。

Wi-Fiホットスポットは、ユーザーがスマートフォンやラップトップなどのモバイル機器をWi-Fiネットワークに接続できるようにするインターネットアクセスポイントです。利便性が高く、オフィスや自宅から離れた場所でも強力なインターネット接続を利用することができます。サービスプロバイダーや通信事業者は、顧客維持率の向上、ブランド認知度の向上、従量課金制の取引、オフロードのためのモバイル通信事業者との提携などに役立ちます。現在、世界中のコーヒーショップ、図書館、小売店、ホテル、空港など、公共の場で利用することができます。

市場の動向

デジタル化の進展と世界的なスマートインフラシステムの導入が、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。Wi-Fiホットスポットは、中小企業が比較的低価格でネットワークを管理するのに役立ちます。また、データ通信を強化し、さまざまなアプリケーションへのアクセスを提供し、シームレスな結果を提供します。

さらに、世界中の企業がBYOD(Bring Your Own Device)を導入しており、従業員は個人所有のデバイスを使って仕事をし、電子メールやアプリケーションなどの企業ネットワークのデータやリソースにアクセスすることができるようになってきています。これは、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生及び拡大により、従業員に柔軟な働き方を提供する必要性が大幅に高まったことに起因しています。加えて、スマートフォンの販売増加、ハイエンドネットワークインフラの規模の増大、5Gネットワークの展開の拡大により、公共スペースでのWi-Fiホットスポットへの依存度が高まっています。さらに、主要な市場企業は、高速化、サービス品質、モビリティ、容量、遅延の低減に注力しており、これらが市場成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

Wi-Fiホットスポットの世界市場は、コンポーネント、ソフトウェア、サービス、エンドユーザー、業種に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ワイヤレスホットスポットゲートウェイ

・ワイヤレスホットスポットコントローラー

・モバイルホットスポットデバイス

ソフトウェア別の市場区分

・ホットスポットの一元管理

・Wi-fiセキュリティソフト

・Wi-Fiホットスポット課金ソフトウェア

・クラウドベースホットスポット管理

サービス別の市場区分

・プロフェッショナルサービス

・設置・統合サービス

・コンサルティングサービス

・マネージドサービス

エンドユーザー別の市場区分

・通信サービス事業者およびネットワーク事業者

・企業

・政府機関

業種別の市場区分

・IT・通信

・金融サービス

・教育分野

・ヘルスケア

・ホスピタリティ

・運輸業

・小売業

・その他

市場の競合状況

Wi-Fiホットスポットの世界市場における主要な企業としては、Aptilo Networks (Enea AB), AT&T Inc., Boingo Wireless Inc., CASA Systems, Cisco Systems Inc., Cloud4Wi Inc., D-Link Corporation, Huawei Technologies Co.Ltd., iPass Inc. (Pareteum Corporation), Netgear Inc., Sierra Wireless Inc., Superloop Limited, Telefonaktiebolaget LM Ericsson, Telstra Corporation Limited.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]