核医学装置市場、2027年までに40億米ドル規模到達見込み

市場の概要

核医学装置の世界市場は、2021年に27億米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.8%のCAGRで成長し、2027年までに40億米ドル規模に達すると予測されています。

核医学装置は、放射性核種や放射性物質を利用して解剖学的な画像を生成し、病気の進行を記録する医療機器です。放射性核種は、放射性医薬品の製造に使用される過剰な核エネルギーを持つ化合物洗浄分子を指します。代謝、組織血流、細胞受容体の機能、神経伝達物質の活性、アポトーシスなど、さまざまな生物学的プロセスの検査に利用されています。また、運動障害やさまざまなタイプの認知症を検出するために、特殊なガンマカメラや単一光子放射断層撮影法(SPECT)画像技術を活用しています。そのため、この装置は、さまざまな腫瘍、心血管、胃腸、内分泌、神経疾患の治療に幅広く応用されています。

市場の動向

世界的に慢性疾患が増加していることが、市場成長の重要な要因の一つです。また、加齢に伴う病気にかかりやすい老年人口が増加していることも、市場成長の原動力となっています。さらに、医療従事者や患者の間で個別化医療に対する要求が高まっていることも、市場の成長に寄与しています。加えて、データ統合型イメージングシステムや放射線トレーサーの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらのシステムは、コンピュータ支援画像の再構成と処理、診断スキャンの比較や疾患の進行の監視を行うための病状の正確な認識を可能にします。さらに、医療機関では、精密で高解像度の画像を生成するために、スタンドアロン型からハイブリッド型の画像処理ソリューションへの移行が急速に進んでいます。その他、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発活動や、特に発展途上国における医療インフラの大幅な改善などが、市場の成長に向けた推進力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の核医学装置市場は、製品、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

単光子放射型コンピュータ断層撮影装置

・スタンドアロン

・ハイブリッド

陽電子放射型断層撮影装置

・スタンドアロン

・ハイブリッド

平面シンチグラフィー

用途別の市場区分

・神経

・腫瘍

・循環器

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・イメージングセンター

・学術・研究機関

・その他

市場の競合状況

世界の核医学装置市場における主要な企業としては、Biodex Medical Systems Inc. (Mirion Technologies Inc.), Cardinal Health Inc., CMR Naviscan Corporation, DDD-Diagnostic A/S, Digirad Corporation, General Electric Company, Koninklijke Philips N.V., Mediso Ltd., Neusoft Corporation, Siemens AG, SurgicEye GmbH, Toshiba Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]