コンテナオーケストレーション市場、2027年に17億8,130万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のコンテナオーケストレーション市場は、2021年に4億5,400万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.62%のCAGRで成長し、2027年には17億8,130万米ドル規模に達すると予測されています。

コンテナオーケストレーションとは、コンテナ化されたワークロードやサービスの実行とライフサイクルの管理に使用されるデバイスやプログラムの自動管理を指します。コンテナとは、さまざまなプラットフォームやインフラで処理を実行するために必要なアプリケーションコード、ライブラリ、システムツール、依存関係をまとめたパッケージのことです。コンテナオーケストレーションは、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境での展開が可能です。これには、ホストの自動スケジューリング、デプロイメント、ヘルスモニタリング、リソース共有、スケーリング、ロードバランシングが含まれます。通常、コンテナの新しいクラスタがホストと接続された後に実装されます。コンテナオーケストレーションは、開発と運用の簡素化、複雑性の低減、自動的な再起動とスケーリング機能、セキュリティの強化などを実現します。

市場の動向

通信、情報技術(IT)、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、ヘルスケア、小売、製造などの業界全体で自動化の需要が高まっていることが、市場成長の主な要因となっています。また、ワークロードをスケジューリングするためのマイクロサービスアーキテクチャの導入が進んでいることや、オープンソースのコンテナプラットフォームが市場成長の推進力となっています。コンテナオーケストレーションは、ハードウェアやオペレーティングシステムを物理的に移動することなく、アプリケーションのワークロードを迅速にパッケージ化、展開、実行するために広く利用されています。さらに、コネクテッドデバイスとモノのインターネット(IoT)およびクラウドコンピューティングソリューションの統合など、さまざまな技術的進歩が市場の成長を推進すると予想されています。企業は、これらの技術をエッジデバイスや分散型コンテナ、サーバー内のネットワークで利用し、デバイス間の通信の改善、運用コストの最適化、ネットワーク障害の防止を図っています。加えて、ITインフラの大幅な改善や、Containers-as-a-Service(CaaS)プラットフォームの普及なども、市場の成長に向けた原動力となると予想されます。

主要な市場区分

世界のコンテナオーケストレーション市場は、コンポーネント、組織規模、業種に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・プラットフォーム

・サービス

組織規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

業種別の市場区分

・BFSI

・政府機関

・IT・通信

・小売

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界のコンテナオーケストレーション市場における主要な企業としては、Amazon.com Inc., Cisco Systems Inc., D2iQ Inc., Docker Inc., Google LLC (Alphabet Inc.), Intel Corporation, Microsoft Corporation, Oracle Corporation, Red Hat Inc. (International Business Machines Corporation), SUSE S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]