グミビタミン市場、2027年までに86億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のグミビタミン市場は、2021年に64億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.31%を示し、2027年までに86億米ドル規模に達すると予測されています。

グミビタミンは、グミキャンディに似た食感と味を持つ、噛んで食べるタイプの栄養補助食品です。さまざまなフレーバー、サイズ、形状、色で提供されており、大人から子供までの栄養所要量を満たすために消費されています。製造には、コーンスターチ、砂糖、ゼラチン、水、フルーツベースのフレーバー、着色料が使用されています。これらのビタミンは、カルシウム、鉄、マグネシウム、ビタミンA、B、C、D、Eなど、特定の栄養素の摂取量を増やすために使用されます。従来から使用されている錠剤、カプセル、丸薬と比較して、グミビタミンは飲み込みやすく、消化や体内への吸収が容易です。

市場の動向

世界の栄養補助食品産業の著しい成長は、市場に明るい見通しをもたらす重要な要因の一つです。また、消費者の間で健康意識が高まり、健康的なライフスタイルを維持するために栄養補助食品を定期的に摂取することの利点に関する意識が高まっていることが、市場成長の推進力となっています。子供や大人の間で栄養不足が深刻化する中、慢性疾患の予防や心身の健康を維持するために、グミビタミンへの嗜好が変化しています。これに伴い、コロナウイルス(COVID-19)感染に対する免疫力を高めるためにビタミンCサプリメントが広く使用されていることも、市場の成長に寄与しています。天然・有機素材を使用し、アップル、オレンジ、パイナップル、ストロベリー、ライム、コーラ、チェリーといった新しい風味のグミビタミンの発売など、さまざまな製品イノベーションも市場成長の促進要因となっています。さらに、メーカー各社は、消費者一人ひとりに特化した栄養組成を含むビタミンを提供しています。その他、消費者の購買力の向上、広範な研究開発(R&D)活動などが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のグミビタミン市場は、タイプ、年齢層、流通チャネルに基づいて分類しています。

タイプ別の市場区分

・シングルビタミン

・マルチビタミン

・プレバイオティクス・プロバイオティクス

年齢層別の市場区分

・子供

・大人

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・専門店

・小売薬局

・オンラインストア

市場の競合状況

世界のグミビタミン市場における主要な企業としては、Bayer AG、Bettera Wellness LLC、Church & Dwight Co. Inc.、Hero Nutritionals、Ion Labs Inc. (DCC plc)、Nature’s Way Products LLC. (Dr. Willmar Schwabe GmbH & Co. KG)、Pfizer Inc.、Pharmavite、Santa Cruz Nutritionals、SmartyPants Vitamins(Unilever plc)、The Honest Company Inc.、Vitakem Nutraceutical Inc. などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]