石油増進回収(EOR)市場、2027年までに814億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の石油増進回収(EOR)市場は、2021年に498億4千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.28%のCAGRで成長し、2027年までに814億5千万米ドル規模に達すると予測されています。

石油増進回収(EOR)は、第三次石油回収法としても知られており、物理的、化学的、または熱的に、不動の残油を動員するプロセスを指します。第一次および第二次石油回収法では貯留層に最大75%の石油が残るため、石油採掘企業はEORまたは第三次石油回収法に頼るようになりました。熱回収、ガス圧入、化学圧入は、世界的に最も一般的に使用されているEOR技術です。現在、ほとんどのEOR技術は海上で使用されていますが、石油会社は陸上でのEORを拡大するための技術を開発しています。

市場の推進要因

ここ数年、化石燃料の急速な枯渇により、石油・ガス業界ではEOR技術の適用が増加しています。また、石油需要の増加に伴い、世界的にEORの需要が高まっています。さらに、世界のいくつかの国の政府は、既存の油田やガス田からより高い利益を得るために、石油採掘のための高度な技術を活用する取り組みを行っています。例えば、中国やインドなどの国では、石油増進回収市場に投資する多国籍企業を誘致するため、財政的なインセンティブを提供しています。これに合わせて、世界中のさまざまな企業が石油回収率向上のための研究開発活動を行っています。例えば、British Petroleum社は、熱で活性化された微細な粒子が貯留層の奥深くまで広がることを利用して石油を抽出する先進的な技術を開発しました。

主要な市場区分

石油増進回収(EOR)市場は、技術別、用途別、地域別に分類されています。

技術別の市場区分

・熱増進型石油回収法

・ガス増進型石油回収法

・化学増進型石油回収法

・その他

技術別では、熱増進型石油回収法が最大の市場シェアを占めています。

用途別の市場区分

・オンショア

・オフショア

現在、オンショアが最大の市場シェアを占めています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

石油増進回収(EOR)市場における主要な企業としては、BASF SE, Halliburton Corporation, Royal Dutch Shell Plc, Schlumberger Ltd., Chevron Phillips Chemical Corporation, FMC Technologies Inc., National Aluminium Company Limited (NALCO), Praxair Inc., Secure Energy Services Inc., Xytel Corporation, Equinor ASA, BP Plc, China Petroleum & Chemical Corporation (Sinopec), Oil and Natural Gas Corporation Ltd. (ONGC), ExxonMobil Corporation, ConocoPhillips, Petroleo Brasileiro (Petrobas) S.A., PJSC Lukoil Oil Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]