契約ライフサイクル管理(CLM)ソフトウェア市場、2027年までに33億米ドル規模到達見込み

市場の概要

契約ライフサイクル管理(CLM)ソフトウェアの世界市場は、2021年に17億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.4%のCAGRで成長し、2027年までに33億米ドル規模に達すると予測されています。

契約ライフサイクル管理(CLM)ソフトウェアは、2つ以上の組織間で締結された契約の全プロセスを効率的に管理することを支援します。CLMソフトウェアは、契約書の作成、交渉、承認、コンプライアンスと管理、リポジトリ、コンプライアンスの最適化、検索、更新、修正、処分という重要なステップで構成されています。CLMソフトウェアは、規制の遵守、契約に関連するリスクの軽減、コンプライアンス違反によるペナルティの発生からの保護、意思決定プロセスの向上を実現します。また、CLMソフトウェアは、顧客基盤を拡大するために、他の企業との提携にも役立ちます。そのため、CLMソフトウェアの需要は、世界の公共、医療、製造、金融サービスの各分野で高まっています。

市場の成長要因

CLMソフトウェアは、Microsoft Word、PowerPoint、Excelなどのフォーマットで仮想的に閲覧できる参考資料として、弁護士がライブラリから類似の契約書を取り出すのに役立ちます。これにより、レビューにかかる時間が短縮され、企業はシステムの抜け道を特定することができます。また、このソフトウェアは、報告の仕組みや管理統制の効率性と透明性を高め、管理当局が実施する法律へのコンプライアンスを確保することができます。さらに、クラウドベースのCLMソフトウェアの出現により、使いやすいインターフェース、一般的なCLMシステムとのシームレスな統合、ダイナミックなワークフロー承認の実現、全体的なコストの大幅な削減など、様々な業界でこのソリューションの需要が高まっています。さらに、契約管理に関連するインフラ投資を最小限に抑えることができます。急速なグローバル化に伴い、プロジェクトやジョイントベンチャーを扱う際には、関係者にとって契約の可視性を向上させるため、共同作業の必要性が非常に高まっています。このため、企業はビジネスの絶え間ない変化に対応するために大規模な共同作業を開始しており、CLM市場の見通しは明るいものになると予想されます。

主要な市場区分

契約ライフサイクル管理ソフトウェアの世界市場は、導入形態、提供形態、企業規模、産業、地域に基づいて分類されています。

導入形態別の市場区分

・クラウド型

・オンプレミス

提供形態別の市場区分

・ライセンスとサブスクリプション

・サービス

企業規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

産業別の市場区分

・自動車

・電気・電子

・製薬

・小売・Eコマース

・製造業

・BFSI

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中東・アフリカ

市場の競合状況

契約ライフサイクル管理ソフトウェアの世界市場における主要な企業としては、CLM Matrix、IBM Emptoris、Icertis、SAP、BravoSolution、Contracked、Contract Logix、Coupa Software、Determine、Easy Software、ESM Solutions、Great Minds Software、Infor、Ivalua、Optimus BT、Oracle、Symfact、SpringCM、Newgen Software、Zycusなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]