心血管インプラント市場、2027年までに336億米ドル規模到達見込み

市場の概要

心血管インプラントの世界市場は、2021年に230億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.2%のCAGRで成長し、2027年までに336億米ドル規模に達すると予測されています。

心血管インプラントは、心不全、心筋梗塞、末梢動脈疾患や冠動脈疾患などの心血管疾患を抱える患者に使用されます。心血管インプラントは、その使用目的に応じて、大きく二つに分類されます。第一のインプラントは、患者の体内に生涯にわたって留まり、心臓の機能をサポートまたは実行します。第二の一時的なインプラントは、外科手術やその他の医療処置の際に、心臓の機能を引き継いだり管理したりするために使用されます。食生活の変化、座りっぱなしの生活、高齢者の増加などにより、心臓疾患が増加していることから、世界的に心血管インプラントの需要が高まっています。

市場の成長要因

心血管インプラントの需要を促進する主な要因は、心血管障害の有病率の上昇です。不健康な食生活や座りっぱなしのライフスタイルが原因で、先進国と発展途上国の両方で様々な心血管障害の有病率が増加しています。また、心血管インプラントの有効性と安全性の向上も、市場の成長を促進する大きな要因となっています。例えば、最近の技術の進歩により、スマートステントデバイスの開発の機会が増えています。これにより、アテローム性動脈硬化症やcentral line access failureなど、これまで手に負えなかった症状の診断や治療が改善されます。これに加えて、様々な政府機関や非営利団体が、これらのデバイスの価格を改善するための取り組みを行っています。この市場を牽引するその他の要因としては、人口の高齢化、医療インフラの整備、意識レベルの向上、低侵襲手術の普及などが挙げられます。

主要な市場区分

世界の心血管インプラント市場は、製品タイプ、材料、手術の種類、適応症、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・冠動脈ステント

・ICD

・心臓弁

・植込み型心臓ペースメーカー

・CRTデバイス

・ペリフェラルステント

材料別の市場区分

・金属・合金

・高分子材料

・生体材料

手術の種類別の市場区分

・血管形成術

・開心術

適応症別の市場区分

・不整脈

・心筋虚血

・急性心筋梗塞

・うっ血性心不全

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の心血管インプラント市場における主要な企業としては、Biotronik、Abbott Laboratories、AMG International、B-Braun、Johnson & Johnson、W.L. Gore & Associates、Medtronic、Boston Scientific、Sorin、Edwards Lifesciences、Fortimedix、Neovasc Inc、On-X Life Technologies、Proxy Biomedical、Reva Medical、Shree Pacetronix Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]