心臓バイオマーカー市場、2027年までに149億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の心臓バイオマーカー市場は、2021年に90億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.5%のCAGRで成長し、2027年までに149億米ドル規模に達すると予測されています。

心臓バイオマーカーは、心臓にストレスがかかったり、筋肉が損傷したりすると血流に放出されます。これらのマーカーには、心筋トロポニン、クレアチンキナーゼ(CK)、虚血修飾アルブミン(IMA)、ミオグロビンなど、さまざまな種類の酵素、ホルモン、タンパク質が含まれます。これらのマーカーを測定・検査することで、心筋虚血や急性冠症候群(ACS)などの心臓疾患の診断に役立ちます。現在、これらの疾患のリスクを判断するためのトリアージや診断システムは、心電図や病歴に基づいて行われています。しかし、これらのシステムは十分ではなく、誤診や治療の遅れにつながる可能性があります。心臓マーカー検査は精度が高く、症状が現れた初期の段階で疾患を特定できるため、世界中で普及しています。また、これらのマーカーは、これらの疾患の予後をより正確にモニターし、患者に最も効果的な治療を提供するのにも役立ちます。

市場の成長要因

ここ数年、急性心筋梗塞の患者数が増加しており、世界的に心臓バイオマーカー検査の需要が高まっています。また、様々なCVDの早期診断の重要性に対する患者や医療従事者の意識の高まりが、これらのマーカーの需要を促進しています。さらに、心臓バイオマーカーの分野で先進的な技術を開発するために、研究開発活動に投資している民間および公的機関が数多くあります。例えば、高感度の心筋トロポニンIの血液検査では、2回目の心臓発作のリスクが高い患者を特定できることが実証されています。加えて、バイオマーカー検査の精度の高さと迅速な結果に加え、手頃な価格の心臓ポイントオブケア検査が可能になったことも、市場の成長に貢献しています。

主要な市場区分

世界の心臓バイオマーカー市場は、タイプ、検査場所、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・トロポニン(TおよびI)

・心筋クレアチンキナーゼ(CK-MB)

・ミオグロビン

・脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNPs)またはNT-proBNP

・虚血性アルブミン(IMA)

・その他

検査場所別の市場区分

・ラボラトリーテスト

・ポイントオブケアテスト

用途別の市場区分

・心筋梗塞

・うっ血性心不全

・急性冠症候群

・動脈硬化症

・その他

地域別の市場区分

・北米

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の心臓バイオマーカー市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Alere Inc.、Beckman Coulter、Becton、Dickinson And Co.、Biomerieux、Bio-Rad Laboratories、Randox Laboratories、Roche Diagnostics Corporation、Siemens Healthcare、Thermo Fisher Scientificなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]