キャノーラ油市場、2027年までに3,060万トン規模到達見込み

市場の概要

世界のキャノーラ油市場は、2021年に2,779万トンの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は1.47%のCAGRで推移し、2027年までに3,060万トン規模に達すると予測されています。

キャノーラ油は、アブラナ科に属する菜種から抽出される食用の植物油です。ビタミンE、一価不飽和脂肪、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を豊富に含んでいます。他の植物油と比較して、トランス脂肪酸や飽和脂肪酸の含有量が少ないのが特徴です。そのため、炎症を抑えたり、代謝を良くしたり、乳幼児の発育を助けたり、心臓発作や脳卒中を防いだりするなど、多くの健康効果があります。そのため、業務用、家庭用を問わず、様々な食品の調理に広く使用されています。

市場の成長要因

心血管疾患の増加は、個人の健康意識の高まりと相まって、キャノーラ油市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。キャノーラ油には、体内のコレステロール値を下げる働きのあるオレイン酸が多く含まれているため、食用油やサラダドレッシングとしての利用が増えています。また、小じわやシミを減らすアンチエイジング効果があることから、パーソナルケアや化粧品業界でも使用されています。さらに、キャノーラ油を製造した後の残渣には、多量のアミノ酸が含まれており、グルコシノレートの含有量は少ないです。そのため、家畜の飼料として利用され、ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取することができ、今後の市場成長が期待されています。

主要な市場区分

世界のキャノーラ油市場は、用途、包装、地域に基づいて分類されています。

用途別の市場区分

・調理

・加工食品

・潤滑油

・パーソナルケア

・バイオ燃料

・その他

用途別では、キャノーラオイルが調理用として広く使用されていることから、調理と加工食品が最も大きな割合を占めています。

包装別の市場区分

・缶

・ドラム缶

・ボトル

・パウチ

・その他

現在、最も普及している包装形態はドラム缶であり、最大のシェアを占めています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、欧州が慢性疾患の増加により市場の中心的な地位を占めています。次いで、アジア太平洋地域、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカと続きます。

市場の競合状況

世界のキャノーラ油市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・Archer Daniels Midland (ADM) Company

・Bunge Limited

・Cargill Inc.

・Associated British Foods plc

・Jivo Wellness Pvt. Ltd.

・Arla Foods AmbA

・Richardson International Limited

・The J.M. Smucker Company

・Wilmar International Inc.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]