バイオインプラント市場、2027年までに1,751億米ドル規模到達見込み

市場の概要

バイオインプラントの世界市場は、2021年に1,079億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.2%のCAGRで成長し、2027年までに1,751億米ドル規模に達すると予測されています。

バイオインプラントは、生体構造の代替、サポート、強化に使用される人工器官です。バイオインプラントは、コラーゲンのような様々な生合成材料と、人工皮膚のような組織工学製品で構成されています。バイオインプラントは、大きく分けて、生体人工臓器、細胞治療、組織工学を構成する生物学的インプラント、生体内での細胞ライニング、技術的インプラント、バイオハイブリッドシステムを構成する生物学的インプラント、表面機能化インプラントや薬剤溶出ステントを含む生物機能化インプラントの3つのカテゴリーに分類されます。バイオインプラントは、耳鼻咽喉科領域の様々な分野で使用されており、最も成功した手術結果をもたらしています。バイオインプラントは、患者の生理機能を正常化し、効率的な生活を送ることを可能にします。

市場の成長要因

バイオインプラント市場の成長は、これらのインプラントの最大のエンドユーザーである世界の高齢者人口の増加に牽引されています。また、技術の進歩と美容整形インプラントに対する関心度の高まりが、市場の成長を後押ししています。さらに、歯科用インプラントはバイオインプラント市場の成長に大きく貢献しているため、世界的に歯に関する問題が増加していることが市場の成長を後押ししています。加えて、心臓ペースメーカーや整形外科用人工インプラントは、心血管疾患や整形外科疾患の増加に伴い、一定の需要があります。

主要な市場区分

バイオインプラントの世界市場は、種類、材料、起源、投与形態、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

種類別の市場区分

・心臓血管用インプラント

・デンタルインプラント

・脊椎バイオインプラント

・整形外科用インプラント

・眼科用インプラント

・その他

材料別の市場区分

・金属製

・セラミック

・高分子材料

・生物学的

起源別の市場区分

・同種移植片

・自家移植

・異種移植

・合成

投与形態別の市場区分

・非外科的治療

・外科手術

エンドユーザー別の市場区分

・外来手術センター

・クリニック

・病院

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

バイオインプラントの世界市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Boston Scientific Corporation、Stryker Corporation、St. Jude Medical Inc.、Medtronic Inc.、Smith and Nephew、Wright Medical Group、Zimmer Biomet、Dentsply Sirona、Invibio Limited、Straumann、Danaher Corporation、Cardinal Health、Johnson & Johnson、B. Braun Melsungen、LifeNet Health, Inc.、Endo International plcなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]