拡張現実ゲーム市場、2027年までに380億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の拡張現実(AR)ゲーム市場は、2021年に63億9千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は33.8%のCAGRで成長し、2027年までに380億3千万米ドル規模に達すると予測されています。

この市場は現在、技術の進歩と、モバイルゲーマーの増加が相まって牽引しています。 ARとも呼ばれる拡張現実は、デジタル情報をユーザーのリアルタイムの環境に統合することです。ゲームにおいては、バーチャルリアリティとは異なり、拡張現実は既存の環境を利用して、明確な機能をオーバーレイして強化します。これに加えて、拡張現実は、デバイスのカメラを使用して、強烈なビデオ、グラフィックス、サウンドでプレイヤーの視界を作り出すのに役立ちます。スマートフォンのゲームでは、拡張現実は重要なツールとなっています。それは、ゲーマーが自分のキャラクター、ターゲット、レースの地形を作成できるからです。また、周囲の環境をスキャンして、隣人を招待したり、仮想のトラックを作成したりすることもできます。

市場の成長要因及び制約要因

拡張現実の技術は新しく、計り知れない可能性を秘めています。長年にわたり、様々な大手メーカーが多数の拡張現実アプリケーションを発表し、ゲーマーに現実世界と交流する新しい方法を提供してきました。

モバイルゲーマーの継続的な増加は、拡張現実ゲームの需要にプラスの影響を与えています。この傾向は今後5年間も続くと考えています。

現在、中国、米国、日本がこの市場を牽引しています。

高品質のAR(拡張現実)ゲーム機器を入手するための初期費用は高く、一般消費者がゲーム機を購入するのは困難なため、これが市場の制約要因となっています。

主要な市場区分

世界の拡張現実ゲーム市場は、コンポーネント、テクノロジー、デバイス、ゲームタイプに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・ハードウェア

テクノロジー別の市場区分

・RFID

・GPS

・モバイルトラッキング

・その他

デバイス別の市場区分

・モバイル

・HMD

・スマートグラス

ゲームタイプ別の市場区分

・レースゲーム

・アドベンチャーゲーム

・格闘ゲーム

・シューティングゲーム

・ミステリー・スリラー・ゲーム

・パズルゲーム

・SFゲーム

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の拡張現実ゲーム市場における主要な企業としては、Augmented Pixels社、Aurasma社、Blippar社、Catchoom社、Infinity Augmented Reality社、Metaio社、Qualcomm社、Total Immersion社、VividWorks社、Wikitude社、Zappar社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]