農業用収穫機市場、2027年までに403億米ドル規模到達見込み

市場の概要

農業用収穫機の世界市場は、2021年に303億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.7%のCAGRで成長し、2027年までに403億米ドル規模に達すると予測されています。

農業用収穫機は、農家が穀物を収穫する際に使用されます。刈り取り、脱穀、唐箕の3つの主要な作業を行います。これらの収穫機は、短期間で農作物の生産量を増やすために使用されており、その使用方法は従来の収穫方法よりも優れていることが証明されています。さらに、農作業は収穫機のような機械やツールに依存するようになってきています。収穫機は、農作業の手間を最小限に抑え、生産性を高め、作物生産コストを下げ、収穫ロスを大幅に削減するのに役立ちます。

市場の成長要因

世界のいくつかの地域では、労働力が不足しているため、農家は機械化への移行を進めています。これに伴い、多くの政府が農作物の生産量を増やすために機械の使用を推進しており、農家に補助金や必要なトレーニングを提供しています。また、ベンダーは利便性と効率性を高めるために、テレメトリ技術やインテリジェントセンシング技術を用いて機械を常にアップグレードしています。さらに、GPSやナビゲーションシステムなどの新機能を搭載することで、より正確な作業ができるようになっています。収穫機の需要を促進するその他の要因としては、食糧需要の増加、農村部の所得の増加、近代的な農法の導入の増加などが挙げられます。

主要な市場区分

農業用収穫機市場は、製品タイプ、駆動方式、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・コンバイン収穫機

・フォレージ収穫機

駆動方式別の市場区分

・四輪駆動収穫機

・二輪駆動式収穫機

用途別の市場区分

・小麦

・米

・トウモロコシ

・大麦

・その他

地域別の市場区分

・北米

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の農業用収穫機市場における主要な企業としては、Deere & Company (John Deere)、CNH Industrial、AGCO Corporation、CLAAS、Mahindra Tractor、Krone North America Inc.、Yanmar Company Limited、Alois Pottinger Maschinenfabrik Ges.m.b.H.、Dewulf、Foton Lovol International Heavy Industry、Lely Group、Ploeger Agro、Preet Agro Industries、SAME Deutz-Fahr、Sampo Rosenlewなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]