医療用3D画像機器市場、2027年までに164億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

医療用3D画像機器の世界市場は、2021年に118億3千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.4%のCAGRで成長し、2027年までに164億1千万米ドル規模に達すると予測されています。

医療用画像とは、病気の臨床診断やその後の治療のために、体内の臓器を視覚的に描写する技術です。3D画像技術は、医療従事者が人体をより深く理解するために、様々な角度から画像を撮影し、様々な深さの組織を、より高い解像度とより複雑なディテールで表示するのに役立っています。誤った結果が出る可能性があった従来の画像技術とは異なり、3D画像技術はあらゆる医療疾患の診断において正確な情報を提供します。3D画像技術は、乳がんの治療に不可欠なデジタル・ブレスト・トモシンセシス(DBT)をはじめ、さまざまな病気の診断に革命的な効果を発揮しています。

市場の成長要因

市場成長の主な要因の一つとして、医療業界の発展が挙げられます。座りっぱなしの生活や高齢者人口の増加により、生活習慣病や加齢性疾患の発生が増加しています。そのため、医療分野での医療用3D画像機器の需要が高まっています。また、技術の進歩に加えて、内臓の正確な視覚表現、周辺組織へのダメージの軽減、様々な医療画像処理によって得られるデータの正確さなど、この技術の利点に関する認識の高まりが、市場の成長を促進しています。さらに、世界各国の政府による医療予算の配分や研究開発(R&D)活動の増加も市場を牽引しています。

主要な市場区分

医療用3D画像機器市場は、製品、ソリューション、用途、コンポーネント、導入形態、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場内訳は、以下の通りです。

・X線

・超音波

・MRI

・CTスキャン

・ハイブリッド・イメージング

ソリューション別の市場構成は、以下の通りです。

・3Dスキャン

・3Dレンダリング

・3Dモデリング

用途別の市場区分は、以下の通りです。

・腫瘍学

・心臓病学

・整形外科

・その他

コンポーネント別の市場構成は、以下の通りです。

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

導入形態別の市場区分は、以下の通りです。

・オンプレミス

・クラウドベース

・ウェブベース

地域別の市場区分は、以下の通りです。

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

医療用3D画像機器市場における主要な企業としては、GE Healthcare, Philips Healthcare, Siemens Healthineers, Fujifilm, Analogic, ContextVision, Dentsply Sirona, EOS image, Esaote, Fuel 3D Technologies, GENDEX DENTAL SYSTEMS, Hologic, Intelerad Medical Systems, PLANMECA OY, Samsung Medison, Shimadzu Corporaなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]