プリペイド式電力メーター市場、2027年までに84億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のプリペイド式電力メーター市場は、2021年に53億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.8%のCAGRで成長し、2027年までに84億米ドル規模に達すると予測されています。

電力の効率的な利用は、現在、世界中で最大の関心事の一つとなっています。このため、従来の電気機械式メーターからプリペイド式電力メーターへの移行が進んでいます。プリペイド式電力メーターは、高度なセキュリティとコントロール機能を有し、ユーザーは消費した電力を確認できるだけでなく、電気料金を前払いすることができます。また、プリペイド式電力メーターは、電力供給費用と収益とのギャップを最小限に抑えることができるため、タイムリーな支払いが可能です。そのため、新興国と先進国の両方で利用が拡大しています。

市場の動向

現在、世界的にエネルギー安全保障の需要が大きく高まっています。省エネルギーと電力の効率的な利用はエネルギーセキュリティの重要な側面であるため、プリペイド式電力メーターの売上は世界全体で増加しています。プリペイド式電力メーターは、電力消費量のデータを瞬時に提供し、それをユーザーが分析することで、電力使用量をコントロールし、エネルギー需要を安定化させることができます。また、大手電力会社は、消費者が期日までに料金を支払えないことによる財務上の損失を低減することに注力しているため、特に新興国においてプリペイド式電力メーターがより好まれるようになってきています。さらに、多くの国の政府は、計測、請求、回収プロセスにおける人の手間を最小限に抑えるために、プリペイド式電力メーターの利用を義務付けています。

主要な市場区分

世界のプリペイド式電力メーター市場は、タイプ、コンポーネント、フェーズ、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・薄型メーターベースソリューション

・厚型メーターベースソリューション

コンポーネント別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

フェーズ別の市場区分

・単相

・三相

エンドユーザー別の市場区分

・商業用

・産業用

・住宅用

市場の競合状況

世界のプリペイド式電力メーター市場における主要な企業としては、Accenture Plc、Aclara Technologies LLC(Hubbell Incorporated)、Calico Energy Inc.、Elster Group GmbH(Honeywell International Inc.)、Excelon Software Inc.、HCL Technologies Limited、Infosys Limited、Itron Inc.、KAMSTRUP A/S、Landis+Gyr、Oracle Corporation、PayGo Electric、Siemens AG、Wipro Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]