言語サービス市場、2027年に961億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の言語サービス市場は、2021年に626億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.5%のCAGRで成長し、2027年には961億米ドル規模に達すると予測されています。

言語サービスは、通訳、翻訳、理解、ローカリゼーション、その他のトレーニングサービスなど、さまざまなレベルの言語支援ソリューションの集合を意味します。トランスクリプション、ダビング、ナレーション、ボイスオーバーなど、電子的、書面的、マルチメディア的な素材も幅広く含まれます。言語サービスは、効果的なコミュニケーション、幅広い地域的広がり、高い正確性、スキル開発、さらにユーザーへの高度にインタラクティブな学習プラットフォームの提供など、いくつかの利点を提供します。さらに、これらのサービスの採用は、テクノロジーと人間のコミュニケーションの融合を促進します。このため、言語サービスは、法律、医療、IT・通信、教育、自動車、BFSIなど、さまざまな分野で広く採用されています。

市場の動向

言語サービスの需要が高まっている背景には、IT・通信業界の急速な発展により、正確な翻訳・通訳結果を得るためのソフトウェア開発が進んでいることが挙げられます。また、急速なグローバル化とインターネット接続の向上が、言語サービスに対する需要をさらに高めています。地理的な広がりの拡大に伴い、さまざまな企業が翻訳サービスを選ぶようになっています。これは、海外の顧客に利便性を提供し、企業が効率的にそのサービスを表現することを可能にします。さらに、効率的で迅速な学習プラットフォームを構築するために、多言語および異文化コミュニケーションのための言語サービスに傾倒する消費者の増加も、世界的な導入の増加につながっています。加えて、ソーシャルメディアプラットフォームの影響力が高まり、映像翻訳やコンテンツのローカライズが普及していることも、市場の成長を後押ししています。このほか、言語サービス分野への投資の増加や、翻訳・通訳アウトソーシングの急速な普及も、市場の成長に寄与しています。さらに、国際的なビジネス観光、医療観光、レジャー観光、現地でのワークステイなどに関する言語サービスのニーズが高まっていることも、市場を活性化させています。教育分野では、カスタマイズされた外国語トレーニングコースが、教室、プライベート、セミプライベート、チュートリアル、国内イマージョンなど、オンサイトおよびオフサイトで提供されており、言語サービスに対する需要を促進しています。今後数年間、この分野での人工知能の出現とともに、いくつかの技術的なアップグレードが世界の言語サービス市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分 

世界の言語サービス市場は、サービス、コンポーネント、アプリケーションに基づいて分類されています。

サービス別の市場区分

・翻訳サービス

・通訳サービス

・その他

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・ハードウェア

アプリケーション別の市場区分

・IT・通信

・商業

・政府機関

・車載用

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界の言語サービス市場における主要な企業としては、Global Linguist Solutions, LLC、Hogarth Worldwide、Keywords Studios Plc、LanguageLine Solutions (Teleperformance), Lionbridge Technologies, Inc.、Mission Essential Personnel、RWS Holdings plc、SDI Media、SDL plc、TransPerfect Translationsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]