トマト加工市場、2027年に5,450万トン規模到達見込み

市場の概要

世界のトマト加工市場は、2021年に4,340万トンの規模に達しました。市場は2027年に5,450万トン規模に達し、2022年から2027年にかけて3.8%のCAGRで成長すると予測されています。

トマトは、中南米が原産のナス科(Solanaceae)に属する果物です。葉酸、カリウム、抗酸化物質のリコピン、ビタミンC、ビタミンKが豊富に含まれており、消化促進、がん予防、日焼け防止、心臓の健康維持、血圧維持、糖尿病患者の血糖値維持など、多くの健康効果があります。現在、世界で生産されるトマトの約80%は生食用として使用されていますが、残りの20%はトマト加工産業でピューレ、スープ、トマトケチャップ、ピクルス、ジュース、ソースなどに使用されています。

以前は、トマト加工品の消費はほとんど欧米諸国に限られていました。しかし、食生活の欧米化や中間層の増加に伴い、発展途上国でのトマト加工品の消費量が大きく伸びています。現在、ファーストフードチェーンは、世界の主要なトマト加工品のエンドユーザーのひとつとなっています。これは、世界的に都市化が急速に進み、個人の所得水準が上昇していることに起因しています。また、トマト加工品は、保存期間を延ばすために多層構造のフレキシブルなプラスチックバッグやテトラパックに詰められており、生鮮トマトを入手できない消費者にも適しています。さらに、市場には様々なタイプのトマト加工品があり、消費者の多様な味覚や嗜好に対応しています。

主要な市場区分

世界のトマト加工市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

ソース

・外食市場

・家庭用

ペースト

・外食市場

・家庭用

トマトの缶詰

・外食市場

・家庭用

ケチャップ

・外食市場

・家庭用

ジュース

・外食市場

・家庭用

その他

・外食市場

・家庭用

トマトソースは、その豊かな風味から様々な料理に使用され、現在最大のシェアを誇っています。また、ハンバーガー、フライドポテト、サンドイッチ、ナゲット、フリッターなどのファーストフードにも使用されています。

流通チャネル別の市場区分

・B to B

・小売市場

・スーパーマーケット/ハイパーマーケット

・専門店

・コンビニエンスストア

・オンライン

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

中でもヨーロッパは、刻む必要のある生トマトに比べ、トマト加工品の利便性が高いことから、市場において主導的な地位を占めています。また、この地域にはファーストフード大手が数多く存在することも、市場にプラスの影響を与えています。

市場の競合状況

世界のトマト加工市場における主要な企業は以下の通りです。

・The Morning Star Company

・COFCO Tunhe Tomato Co.Ltd.

・新疆カルキス社

・インゴマー・パッキング社

・ConAgra Brands, Inc.

・オラム・インターナショナル

・ロスガトス・トマト・プロダクツ

・中国浩然集団有限公司

・キャンベル・スープ・カンパニー

・Toma-Tek (Neil Jones Food Company)

・スタニスラウス・フード・プロダクツ

・C.I.O. -Consorzio Interregionale Ortofrutticoli S.c.a.r.l.

・シュガルグループ

・パシフィックコーストプロデューサーズ

・カゴメ(株)

・CONESAグループ

・Tat Gida Sanayi A.S.

・デルモンテ・フーズ・インク

・新疆観音トマト製品有限公司

・Mutti SpA Industria

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]