血管ステント市場、2022年から2027年にかけて6.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の血管ステント市場は、2021年に93億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.4%のCAGRで成長すると予測されています。

血管ステントは、心臓の弁や動脈の閉塞を解消・防止するために使用される小型のデバイスです。また、狭窄した血管や閉塞した血管を内部構造的に支えるためにも使用されます。血管ステントを体内に設置するプロセスは、血管ステント治療として知られています。血管ステントは通常、ポリエチレン、ポリプロピレン、またはステンレス鋼やコバルトクロム合金などの非吸収性材料で作られています。動脈瘤の修復に使用されるチューブ状のステントグラフトから、経皮的血管インターベンションに使用される拡張可能な金属メッシュまで、さまざまな種類があります。意図した位置にステントを留置した後、バルーンや自己拡張型メカニズムを用いて拡張します。

市場の動向

高齢者人口の急速な増加は、世界の市場成長を促す大きな要因の一つです。さらに、末梢動脈疾患(PAD)、大動脈瘤、虚血性心疾患など、さまざまな病気の発生率が上昇しています。これらの疾患が頻繁に発生することにより、血管ステントの必要性が高まっています。これは、喫煙や多量のアルコール摂取などのライフスタイルに加え、運動不足や不健康な食生活が原因と考えられています。さらに、消費者の低侵襲(MI)手術への関心の高まりも市場の成長を促しています。MI血管ステント治療は、入院期間の短縮、早期回復、患者の快適性の向上を可能にします。さらに、末梢血管や血管内動脈瘤修復術(EVAR)によるステントグラフト治療の新たなトレンドも、市場の成長に貢献しています。EVARは高齢者や腎機能障害のある患者に広く好まれており、末梢ステントグラフトは膝上の大腿縦走動脈や下腿縦走動脈をサポートするために行われます。

主要な市場区分

世界の血管ステント市場は、製品タイプ、素材、供給形態、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・冠動脈ステント

・末梢血管用ステント

・エバールステントグラフト

素材別の市場区分

金属製ステント

・コバルトクロム

・プラチナ・クローム

・ニッケル チタン

・ステンレス鋼

その他

供給形態別の市場区分

 ・バルーン拡張型ステント

 ・自己拡張型ステント

エンドユーザー別の市場区分

・病院・心臓血管センター

・外来外科センター

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の血管ステント市場における主要な企業としては、Medtronic Plc、Abbott Laboratories、Boston Scientific Corporation、Biotronik Se & Co. KG、Braun Melsungen Ag、Terumo Corporation、Microport Scientific Corporation、Meril Life Sciences Pvt. Ltd.、Vascular Concepts Limited、C.R. Bard, Inc.、W.L. Gore and Associates, Inc.、Endologix, Inc.、Lombard Medical、Translumina Gmbh、Jotec Gmbhなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]