モーター修理・保守市場、2027年までに355億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

モーター修理・保守の世界市場は、2021年に313億1千万米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.18%のCAGRで成長し、2027年までに355億3千万米ドル規模に達すると予測されています。

電気モーターは、食品・飲料から、コンプレッサー、工作機械、産業用ファンなどに設置される鉱業まで、さまざまな産業で用途があります。電気モーターは、事業の収益性や生産性に大きな影響を与えるため、その性能を確保することが極めて重要です。そのため、電気モーターは定期的に予防保守(PM)点検を行うことが重要です。一般的には、目視点検、コミュテータとブラシの保守点検、モーター巻線試験、ベアリングの点検などを行います。さらに、電気モーターを修理することは、機械全体を交換するよりも費用対効果が高く、最適な選択肢となります。

市場の動向

モーターの予防保守は、リスク要因を軽減し、エネルギーを節約し、機器の寿命を向上させ、ダウンタイムを削減します。HVAC、鉱業、食品・飲料など、さまざまな最終使用産業で電気モーターが定期的に使用されていることが、世界のモーター修理・保守市場の成長を促しています。これとは別に、自動化の進展により、さまざまな分野で電気モーターの利用が大幅に増加しています。オートメーション産業の進歩は、専門機器の種類や必要なスキルなど、モーターの修理・保守のあり方を変えつつあります。複雑な機械の導入により、モーターの修理・保守サービスの需要は今後増加すると予想されています。

主要な市場区分

世界のモーター修理・保守市場は、タイプ、サービス、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

一般修理

・ベアリング

・ステーター

・ローター

・その他

オーバーホール

現在、一般修理が市場を支配しており、最大の市場シェアを占めています。一般修理はさらに、ベアリング、ステーター、ローターに分類されます。

サービス別の市場区分

・オンサイトサービス

・オフサイトサービス

サービス別では、オンサイトサービスが市場シェアの大半を占めています。

最終使用産業別の市場区分

・ユーティリティ(水・電気・ガス)

・空調設備

・食品・飲料

・鉱業

・その他

現在、ユーティリティ分野が最大の市場シェアを占めています。

地域別の市場区分

・北米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・その他の地域

地域別では、アジア太平洋地域が世界市場全体の過半数を占める主要市場です。

市場の競合状況

モーター修理・保守の世界市場における主要な企業としては、ABB、シーメンス、WEG SA、Regal Beloit、TECO E&M/TECO-Westinghouseなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]