皮膚科診断装置市場、2027年までに236億米ドル規模到達見込み

市場の概要

皮膚科診断装置の世界市場は、2021年に131億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は10.5%のCAGRで成長し、2027年までに236億米ドル規模に達すると予測されています。

皮膚科学は、皮膚疾患の研究、診断、治療を含む医学の分野です。一般に、診断は目視検査と、それに続く皮膚の顕微鏡観察によって行われ、病気の特定と治療計画の決定に役立っています。これらの処置を行うために、皮膚科医は画像診断装置、顕微鏡、皮膚鏡などの一連の診断装置を使用します。これらの装置の需要は、皮膚疾患の症例数の増加や皮膚の健康に対する懸念の高まりから、世界規模で拡大しています。

市場の成長要因

多環芳香族炭化水素、酸化物、紫外線を含む様々な汚染物質は、酸化ストレスを誘発することによって皮膚にダメージを与えます。大気汚染の急増により、抜け毛、にきび、湿疹、乾癬などの皮膚疾患が増加していることから、世界的に皮膚診断装置の需要が高まっています。また、化粧品業界では、皮膚の色素沈着、アレルギー反応、皮膚の良性成長、真菌や細菌感染などの慢性皮膚疾患に悩む人々のためのいくつかの診断サービスのために皮膚科手術が脚光を浴びるようになりました。さらに、世界の皮膚科診断装置市場の複数のベンダーは、皮膚鏡検査や光コヒーレンス・トモグラフィーなどの画像診断技術を実行するための装置を提供することで、製品ポートフォリオの拡充に注力しています。加えて、より小型で使い勝手の良い装置の導入も進んでいます。

主要な市場区分

皮膚科診断装置の世界市場は、製品タイプ、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・イメージングデバイス

・マイクロスコープ

・免疫測定器

・分子生物学的診断薬

・その他

現在、イメージングデバイスが最も高いシェアを占めています。

最終用途別の市場区分

・病院

・診断ラボ

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の皮膚科診断装置市場における主要な企業としては、Abbott Diagnostics、Strata Skin Sciences、Michelson Diagnostics、Heine Optotechnik、Roche Diagnostics、Welch Allyn、Carl Zeiss Meditec、株式会社ニコン、Leica Microsystems GmbH、MELA Sciences, Inc.、GE Healthcare Ltd., Bruker Corporation, Philips Healthcare, Siemens Healthcare Diagnostics Inc., Toshiba Medical Systems Corporation, Photomedex, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]